大型トラックの運転手や倉庫仕分けスタッフの方々が仕事業務で頑張る姿を見ていて感じとれること。

千葉県の軽貨物|業務委託

物流業界の仕事は倉庫や配送センターへの荷物運搬や店配や宅送といった業務が主と言えるが、配車、入出庫作業、入出荷作業、荷物の整理や検品作業や伝票処理など運搬配送準備の全般があってこそ運搬配送の仕事は成り立ってる。

物流と軽貨物運送。

出前のようなデリバリーを筆頭に配送の過剰サービスをビジネスモデルに組み込むような荷主企業や配送仕事の仲介ブローカー型で配送業務を丸投げする配送受託会社による雑な仕事ニーズが近頃までは巷で急速に増えてきた感がある。

時代遅れにはなったが消費者に対する送料無料サービスの謳い文句で商品を売ろうとする配送依頼主も同様のことだが、そもそもBtoCで物売りをする側では顧客ウケする配送サービスのテコ入れは競合先に対して一時だけ手っ取り早い差別化擬きにはなる。

がしかし、それは暫く経過するとブーメランとなって自らに戻ってきて配送の過剰サービスを競合先に差別化で仕掛けられたり配送の過剰サービスを同等レベル化することを強いられたり配送の過剰サービスが慢性化になることも普通にあることだ。

もちろんこれらは経営資源の強い会社が生き残るといった勝算の図式ではあるがその勝算も時代の流れが微妙に狂えばジョーカーを引いたことになる。

ネット通販のガリバー的存在である大企業であろうと同様で配送の過剰サービスはうまく続かない。

宅配系の配送現場で働いている配送ドライバーの多くは社会人としての営業的なセンスは鈍感であろうと多忙さにはかなり敏感である。

今日は荷量が多いだとか配送コースが嫌だとかそんな思いが日常なのは言うまでもない。

良くも悪くも個人事業主ドライバーは荷主企業の働き蟻になれないタイプが多く、言われた仕事はどうにかできていても貢献ができていないタイプが多い。

また、インターネット通販業態の利便性を細分化して弁当や惣菜の出前デリバリー配送の過剰サービスによりビジネスモデルを構築している荷主企業やそれを仲介する仕事マッチング系の配送受託会社が目論むビジネスの勢いは既にピークアウトしている気がするが、これは一昔前に最大手の宅配便会社同士が過当競争していた宅配便の時間指定サービスや当日配送サービスと状況が似ている。

error:Content is protected !!