代表者が現役ドライバーを続ける街の小さな軽貨物配送会社はなぜ生き残れるのか。

軽貨物事業の営業管理 【軽貨物運送の検証ブログ】独立開業

そう、私たち軽貨物ドライバーが運んでいる商品の開発者や営業マンの気持ちを想像しながら、どんな案件であろうと配送のプロならば配送仕事があることを心から感謝するべきです。

そして、任された範囲で的確な配送業務をこなしていくスタイルそのものが本来の軽貨物ドライバーがあるべき姿だとシフタープロは捉えています。真心とか愛情を勝手に加えて荷物をを運んでもいけません。

しかし、巷の業務委託軽貨物ドライバーが持っている仕事センスの物差しは非常に小さいわけです。

仕事しかできないドライバー同士で自分たちに仕事単価の愚痴を言っていたり、荷主様や取引関係会社に対する愚痴を言う始末です。

普通に考えればわかることですが、そのようなレベルの使えない軽貨物ドライバーが荷主様や取引会社の人選において優遇優先されることはなく、誰も大きな物差しは貸してくれませんし、引き出しも、引き出しの中身も貸してくれません。

自分に与えられた仕事、やると決めた案件は何があろうとも約束通りに業務するのは当たり前のことですが、成長してステップアップを志望したいならば、担当仕事以外の役目と役割を自らが率先して追えることができるのか、責任を追えるのか、自分の才覚を再認識しなくてはなりません。

誰も教えてくれません。職場は学校ではありません。

また、謙虚さは永遠に継続しなくては意味が薄れます。

順応性の低さに問題あるドライバーは新しい案件をやり始めて数ヶ月ほど経つと「言い訳」「他人のせい」などの不平不満を語り始め、仕事を続けない理由作りをしたり、うまく進展しない自身の無力さから愚痴を言い始める傾向が結構あります。

現状打破、現状から逃げず恐れず、それすらをクリエイトするには「自分が」何をどうするべきかです。提案を周囲から受け、実行は自分です。

透け透けな他力本願の軽貨物ドライバーも多いですが、人任せの配送業者はやがて淘汰されますし、賃下げ対象、減車対象、何を任せても長続きしない浮遊ドライバー、浮気性ドライバー、と化します。

そのくせ、お金だけは稼ぎたいとか、体力はあるとか、仕事はバリバリしたいとか二の次に言い始めます。

経済の構図、社会の仕事に順応能力が無い軽貨物ドライバーにも関わらず、バリバリと働けるような場所があるはずもないです。

私個人が関東近辺の配送現場で知り合う軽配送会社の代表者ドライバーの多くが配下ドライバーの力量甘さを語ります。

できる代表者ドライバーは配下ドライバーをかばうことをしません。事業だからです。

公私混同し、仲間や配下ドライバーの傷を舐めている親玉ドライバーは甘さ故に事業をフラつかせるからです。

やると決めた仕事のモチベーションを維持すらできないような弱者ドライバーは「自分の」何が足りないのか考えるべきでしょう。

そうしないと、自己中心的のままではどんどん仕事案件から淘汰されます。それほど仕事の競争率は高いと感じ取りたいものです。

  • 自分の職場環境が悪い現実を何かと周囲や荷主様のせいにする。
  • 自分の仕事の稼ぎが悪い現実を何かと周囲や取引先のせいにする。

自分勝手なドライバーがまともに稼げる筈がありません。短期間でも信頼すらおけないドライバーに対して、誰も大事な仕事や美味しい仕事を回しません。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!