軽貨物の冷凍冷蔵車をメンテナンス、エアコンのガス圧チェックやコンデンサーの状態確認。

千葉で軽貨物冷凍冷蔵車の夜間修理 【軽貨物運送の検証ブログ】独立開業

車が壊れたら修理工場で直す、では通用しません。冷凍冷蔵車の場合、車体本体のメンテナンスだけでなく冷蔵機のメンテナンスも必要です。

また、冷媒ガスの量は入れ過ぎもダメですし、高圧側パイプの詰まりも良くあることですし、コンデンサーのファン不良もよく聞きます。

おかしな症状を正確に把握して、一つ一つ原因を探っていかないといけません。

もちろん、冷凍冷蔵車の整備をするにしても、みんながみんなマニホールドゲージや真空ポンプや工具類を準備できるわけでもないですし、機械や電気や化学、得意不得意もあるでしょう。

さらに、多くの軽貨物ドライバーは日中で働いていますので、スポットではなく毎日定期に案件で働いているドライバーは日中は車を持ち込んで修理依頼もできません。

当然ですが、個人事業主の軽貨物ドライバーは社員ではない外注です。風邪であろうと、車の故障であろうと、極端な話、足の骨が折れない限り、請負の仕事を休むことは許されないと捉えるべきと言えます。

車も自分の体調管理も自己責任ですから、言い訳は通用しません。一見、厳しいようですが会社経営者では当然ですし、個人事業主も責任者として当然なわけです。

軽配送仕事のリスクは交通事故だけでなく、事態において人も代車も必要ですが、それでも車の修理工場に冷凍冷蔵車の代車があるところは非常に稀ですので、色々と仲間ドライバーや参加する会社ともリスクを考えながら仕事を選んでいくことも大切なノウハウなわけです。

従って、軽貨物ドライバーとして日常のメンテナンスも修理メンテナンスもチャンスは夜間なのですが、夜間作業は近所迷惑ですし、自分自身で夜間に車を整備できるようなスペースがない人が大半だと言えます。

まあ、ここまで難しく考えなくとも、どうにかしてどうにかなるわけですが、真面目に軽貨物の仕事をするという心構えは全てが荷主のためであり、それは稼ぎの維持と自己成長にもなりますし、すなわち自身への信頼獲得につながりますし、参加する会社組織の信頼と成長にもつながるでしょう。

千葉県の軽貨物は日本シフター産業シフタープロ軽貨物便の専用フォームメール、電話09044382204、ファックス0474037670、メールorder@shifter-japan.com、までご依頼ください。都内、埼玉県、神奈川県の軽貨物チャーター配送も常時承っております。

専用フォームメール

お名前
フリガナ
会社名
メール
電話番号
住所
相談内容
詳細入力

※は必須事項です。

 

独立開業
シフタープロ軽貨物ブログをシェア
千葉県の軽貨物配送専門店が語る!軽貨物運送検証ブログ
千葉県での緊急配送の受付
error:Content is protected !!