仕事を選り好みする軽貨物ドライバーほど責任感が弱く自分でやると決めた仕事すらが続かない。

千葉県の軽貨物|業務委託

宅配業の軽貨物ドライバーではない運送業の軽貨物ドライバーの新入りは配送経験者ほど現場ごとのルールを守らず経験則で知ったようなことを言ったりやったりする傾向がある。反面、初心者の新人ドライバーは年齢や性別を問わずに謙虚さがあって早期に優秀な軽貨物ドライバーへと進化する傾向がある。

ハロー効果とホーン効果。

軽貨物配送の業界でハロー効果やホーン効果といった心理的なことを考えて配送業務や営業に取り組んだり、そうやって事業展開や請負仕事の予習と復習をしているドライバー業者は全国でも数少ないと思われます。

国内物流も国際物流も待ったなしの365日24時間ずっと止まらない世界です。ああだこうだと考えるよりも、やるかやらないでしかなく、やると決めたらきちんとやる、が基本中のキホンです。

挑戦だとか妙な真心だとかドライバー業者が自分本位な感情を業務に押しつけて荷物を運ぶようなことはせず、軽貨物配送の基本はシンプルに荷主様の意向に沿って荷物を荷受人様にお届けするだけのことです。

業務請負の世界で、ドライバー都合、ドライバー希望、ドライバー要望、こういうことを新入り配送現場において数ヶ月で直ぐ口に出すようなレベルの業務請負ドライバーは明らかに成長止まりの人でしょう。

軽貨物運送業の不満

不平不満を口にしたりして仕事があることへの感謝が足らない状態に陥ると、自分にとって良い案件、自分にとって良い仕事環境、そんな状況を手に入れられる筈もありません。

配送仕事はいちいちイレギュラーな出来事にネガティブに反応する悲観主義ドライバーではうまくやっていけないので、ある意味、楽観主義の軽貨物ドライバーでなければ本当の意味で仕事や事業の成功維持は難しいのが事実です。

予習と復習を自分流でしておかなければならないわけです。

人よりもお金をたくさん稼ぎたいと願っている個人事業主の軽貨物ドライバーならばホーン効果やハロー効果も意識しながら仕事に挑むべきと私は考えます。

特にホーン効果に関しては様々に留意や注意すべきとなってきます。

ドライバーの質、仕事案件の内容、これらは一つ悪いところや劣るところに焦点があたるとそれに引きずられてそれ以外の要素までマイナス印象にバイアスをかける人がいます。

軽貨物運送業の見られ方

ドライバーの仕事服装が私服だったり、タバコ臭かったり、茶髪や髭、顔つきが悪ければ「頭が悪い」とバイアスをかけられてしまい、言葉使いが悪ければ非道徳的で性格も悪いなどなどとクライアントや仕事関係者から判断されます。

error:Content is protected !!