自分にとって良質な案件の請負だけに注力するための軽貨物配送サービスを立体的に考える。

千葉県の軽貨物|軽貨物

軽貨物ドライバーが集配する荷物の商品メーカーは消費者に対して顧客満足度を最大限にするため、製造業者と販売業者、そして配送に従事する業者と協働をうまく噛み合わせることにより業績を守り抜いている。

協働と協業。

私たち軽貨物ドライバーの稼ぎの源である運賃コストを捻出している荷主メーカーではエンドユーザーからの顧客満足度を上げるため、効果的な販売促進、効果的な品揃え、効果的な新商品導入、そして効果的な商品補充を事業上で行っています。

モノを売ることで利益を出す荷主メーカーの事業計画で効率的な商品補充を行う部分がいわゆるロジスティクスですが、私たち軽貨物運送業のドライバーはそのロジスティクスに加わりながら昼夜仕事をしています。

荷主メーカーにとって良質なサプライチェーンマネジメントの構築は事業の裏側で地味な作業となるわけですが事業発展の後押しにおいては大切なことでもあり、製造会社と販売会社、そして配送担当会社が上手に協働化をしなければ荷主メーカーは業績を守り抜けません。

軽貨物運送業の運賃

物流業界の末端で働く軽貨物の配送ドライバーが配送業務をすることの対価で得る運賃には意味があるわけです。

ドライバーが生活するために配送の仕事があるわけではありません。

ただ、荷主のスタンスも様々です。私たち配送業者としてはこの先の継続取引で無理難題を要求や強要されないためにも仕事受注に一線を引くべき荷主が存在するのも事実です。

私が知る都内にある食品系ベンチャー企業の配送現場では事業の幼年期には様々に配送担当業者に苦労させつつ、事業の成長期に入ると世話になった配送担当業者を踏み台にしてでも競合する新しい配送業者を好条件で入れ込んでくるといった義理もへったくれも無いベンチャー企業が現実的にあったりもします。

反面、配送業務の基本とされる義理のある取引をきちんと大切にされる荷主企業も存在し、世話になり、世話をし、配送仕事の受発注を通じての縁を守り、疎遠な時期があろうとも荷主側において事業進展が期待できる際にはきちんと声がけをしてくださるといった企業もあります。

これはこれで仕事冥利となります。

ただ、名の通っている軽貨物運送会社の中間業者が介在するような配送案件は中間業者自体のビジネスモラルがかなり酷いレベルで、業界で名のある軽貨物運送会社の法人にはまともな責任者はろくにおらず、営業センスのない下請けドライバー業者を探しをしたり、企業として義理や筋などあったものではありません。

軽貨物運送業の仕事受注

とは言え、そういう元請けや二次請けからでも仕事欲しさにそれに群がってぶら下がっている営業弱者のニ次請負や三次請負の運賃ピンハネ軽貨物配送会社の法人もたくさんあります。

error:Content is protected !!