ビジネスセンスを持てない軽貨物ドライバーの思考習慣と優秀なドライバー業者の差。

千葉県の軽貨物|チャーター便

特別な才能や図抜けた頭脳を持つ本職の軽貨物ドライバー業者のビジネススキルとビジネススタンスは荷主企業の業績をどのように向上できるか。

スタンスとスキル。

個人事業主の軽貨物ドライバーは個人事業主という立場でありながらもみんながみんな自営が得意なわけではありません。自営業なのに営業行為が苦手という軽貨物ドライバーも多いのが現実です。

もちろん、ドライバーとしての報われ方も人それぞれです。やる気や気構えや評価の受け方も人それぞれです。

個人事業主ドライバーであっても社員のスタンスや社員のスキルしか持っていない会社依存型の人も沢山います。

甘い期待をして割の良い仕事欲しさに名の通っている軽貨物配送会社に加盟しても期待通りにならず、人数の多いような軽貨物配送会社の仕事は数いるうちの単なる1人のドライバーなので手厚いサポートなど上っ面の口だけで、結局は社畜ドライバー以下の外注ドライバーとして仕事は全て自己責任、名のある軽貨物運送の委託会社に依存しても都合良く配送業務のことしか教わることはできません。

軽貨物の宅配業や運送業はブラック企業が多いと言われています。

私自身、地元の千葉県で軽貨物運送事業の展開を進める中、四六時中、軽貨物車のハンドルを握り続けて千葉県や埼玉県や神奈川県や都内をエリア軸に荷主様と直接取引をしながら配送仕事の検証を続けていますが、会社法人の軽貨物運送業者には経営陣がハンドルを握って仕事をしていない運賃ピンハネ系の荷物を運ばない運送会社があります。

末端で働いている個人事業主ドライバーに関しても担当する仕事内容の愚痴や批評ばかり達者でどんな案件をやろうと長続きできないガチクズ軽貨物ドライバーと言われる残念な人も現実的にいると聞きます。

大型や中型トラックドライバーの運送会社とは少し異なって軽貨物配送の配属委託会社選びは大手が鉄板というわけではありません。

むしろ、名が業界内で通っているような軽貨物配送の委託会社は誰でも構わずにドライバー採用する傾向が強いので忍耐力がないドライバーや、周囲のドライバーとすぐ金の話をするドライバー、人間的や常識的に問題を抱えているような軽貨物ドライバーも一定数いると聞きます。

軽貨物ドライバーは慣れによる個々の配送能力はともかく、自分でやると決めた仕事案件を数ヶ月でコロコロと変えたり辞めたりするような社会人として信頼性ゼロのドライバーが割の良い案件を手にすることはありません。

軽貨物ドライバーの仕事は運送業と宅配業とに大別されますが、同じように軽貨物ドライバーと呼ばれている人でも、運送業の動きや考えができる人、宅配業の動きや考えしかできない人がいます。

さらに分類すると自営ができる人と自営ができない個人事業主ドライバーとに分かれます。

error:Content is protected !!