経験を重ねて自発的に配送スキルを学び直そうとしない軽貨物ドライバーの稼ぎは成長はない。

軽貨物

仕事はあるのに人材がいないので受注できないパターン、人材がいないので現状の現場を回すだけで精一杯のパターン、人材がいないので顧客満足度を検討するどころではないパターン、人材がいないので現状の現場だけで手一杯で新たな事業戦略を考えたりする時間の余裕がないパターン、やはり、これらは駄目な事業運営なのです。

変化のあるビジネス環境の中で個人事業主の軽貨物ドライバーが成果を出し続けるためには、日々の配送経験からノウハウを自発的に学び、実力をつけていくしか方法はありません。

配送と事業を切り分けて考え、配送に関する基礎的なこと、事業に関する基礎的なこと、それぞれをみっちりと習得し、営業弱者ドライバーにならないための営業地盤や土台を作ること怠らなければ、数年後の伸びに差が出て、事業計画通りの成果を手に入れられるわけです。

個人事業主ドライバーが配送と事業を効率よく学ぶにはどうすればよいのか、スモールビジネスにおいて自分が関わる営業組織の中で自分が成長するために大切なことは何か。

  • 良い経験にめぐり合うこと
  • メンターと出会う機会
  • 経験から学ぶ力を持つ
  • 良い経験を積む機会
  • 学ぶ力を養ってくれる組織

そうして、零細企業や個人事業主ドライバーは大手の真似事をする必要はどこにもありません。

人1人として取引先を大切にし、できる範囲で丁寧に配送をし、自己中心な気持ちならぬよう仕事ニーズに自分の働き方を寄せていくことを最優先すべきこととシフタープロは考えます。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!