軽貨物運送の技術営業とは。

これからの軽貨物配送ニーズは解決が不可能と思われる物流問題を解決する知能が優秀なドライバーに求められる。

優秀な軽貨物ドライバーとは、配送の仕事が上手いとか、車の運転が上手いとか、道を詳しく知っているとか、そんな感じのことは優秀の主要な要素では無い。

一般企業の優秀な営業マンと同様で優秀な軽貨物ドライバーは、専門知識があり、集中力があり、創造性があり、情報処理能力があり、問題解決知能があり、それらに長けていなければならない。

自分が優秀な軽貨物ドライバーなのかどうかを自己評価するのは至って簡単。通知表のように、専門知識、集中力、創造性、情報処理能力、問題解決知能、の5項目を自分でそれぞれ5段階評定すればいい。

自己評価で4以下の項目があるならば自分は優秀なドライバーではない劣等ドライバーだと悟るべきだろう。

劣等ドライバーは何をどうすれば自己成長できるのか。

疲れていても稼ぎに満足していても積極的に新規配送案件の研修や依頼に手を挙げて参加しているか、時間厳守と報連相厳守をしているか、業務態度を3段階評定で数値化すべきとなる。

雇用ではない業務請負で働く軽貨物ドライバーは取引先や仕事関係者から点数化を通知されることは稀なことだが取引先も仕事関係者も人間であって優秀な人物であれ劣等な人物であれ印象の良い軽貨物ドライバーと影の薄い軽貨物ドライバーの違いが評価に大きな影響を与えると考えてよい。

当然ながら優秀な軽貨物ドライバーがノウハウとして持ち合わせている戦術的知能は学習できるものばかりではない。そのため劣等な軽貨物ドライバーは成長に限界がある。

成長に限界がある以上は最終的に判断センスという才能が重要になることは忘れてはいけない。劣等ドライバーでありながら判断センスが悪い場合は流石にダブルアウトだろう。

仮に優秀ならば取引先や仕事関係者の利益貢献を継続するために帰納法で配送ドライバーとしての仕事を通じて複数の事例を並べながら事象に共通する情報やルールを抽出して共通項を一つに統合して荷主企業に於ける物流問題を解決しようとする方法の結論を得ることを考える。

次に演繹法で配送ドライバーとしての業務上で複数の出来事を足し合わせて荷主企業に於ける物流問題を解決する方法の結論を出す流れを考える。

過去の経験だけで机上の論理で物流問題を解決しようとする判断は有意義ではないため配送現場で矛盾を丁寧に理解する知能が求められる。

軽貨物運送業のみならず自営や経営での戦術的知能はユニークで深いテーマである。洞察力、記憶力、問題解決策の概念化、行為の一貫性、優秀な軽貨物ドライバーにはあらゆる工夫という要素が頭の中に詰まっている。

軽貨物運送業はスモールビジネスなので大部隊ではない小部隊としての営業戦術を鍛えることとなるが荷主企業の営業戦略にその戦術をフィットさせて荷主企業の営業部門と物流部門のリンクをスムーズ化させることを念頭において配送業務をしていくこととなる。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました