個人事業主の軽貨物ドライバーの天敵は疲れであり、病まない身体作りを考えた働きっぷりが大事。

豊洲市場で軽貨物 【軽貨物運送の検証ブログ】チャーター便

個人事業主の軽貨物ドライバーは、1人の配送ドライバーである前に1人の個人事業主であり、天敵はまさに疲れである。

私は24時間対応の軽貨物ドライバーなので、一般的な社員ドライバーさんや一般企業のサラリーマンよりも疲れやすい仕事環境なんだという自覚を持ち、働くスケジュール管理や体調管理や車輌管理も細心の注意を払っているものの、時折、どうしても疲れが残ります。

24時間寝ないわけではありませんが、それでも鞭を打って自分自身に気合いが入る場合には、配送スキルの経験値を稼ぐために少額の新規受注でもできるだけ断らないように仕事をしています。

私自身は企業専属便やチャーター配送が得意分野なので、一個いくらで毎日毎日、死にものぐるいで100個や200個もの荷物を一件一件ノルマに追われる感じで、街中を1日中ずっと走りながら宅配をする宅配便の下請け仕事は好みではありません。

とは言いながらも、配送業務の内容はどうであれ、個人事業主である以上、仕事があること自体に感謝することが最優先です。

もちろん、配送仕事のほかにも自営のことや事業のことやプライベートなことも自分1人で考えてやらなければならない事柄なども同時進行しながら毎日を過ごさなくてはなりません。

軽貨物ドライバーとして個人の稼ぎが減ろうとも、働く時間を減らすなどして自由な時間を作らない限り、新規の営業を考えるゆとりもありません。

フル稼働はせず、営業開拓する時間や協業ドライバーさんをヘルプ稼働できるゆとりを残し、調整できた時間でお客様と受注の打ち合わせをしたり、時には、新規案件のトライアル稼働を経験しておくなどして、新規受注に備えた下準備もしています。

私の働き方は、宅配便ドライバーのような毎日が同じことの繰り返しである宅配業務ではなく、時には冷蔵車に乗って食品や野菜や鮮魚や惣菜や弁当やシャリの配送をしたり、時には平ボディトラックに乗って家具配送をしたり、時には軽バンに乗って日用品や印刷物の配送をしたりします。

働く時間帯に関しても早朝や朝昼晩や深夜も業務をするので、道路の混雑状態に関しても幅広い時間帯で把握しつつ、納品の所要時間をイメージして行動しています。

千葉県内での緊急配送お気軽に
error:Content is protected !!