千葉県内でも物売りの営業と役務サービスの営業の違いを理解しない軽貨物ドライバーの個人事業主は力量不足である。

お酒の軽貨物配送 【軽貨物運送の検証ブログ】千葉県の軽貨物|独立開業

私は他業種での経営や事業運営の経験上「絶対的」に人やモノに惚れ込んだ取引関係こそが、中長期で互いに信用と信頼を築いていけると睨んでいます。

企業規模や名声を探ってもあまり意味がありません。やはり、人です。

職を数年でコロコロ変えてきてしまった人、5年や10年など中途半端に仕事を極め始める前に職を変えてしまった人、そういった人は特需やブーツに乗ろうとするわけですが、それは甘いです。

新しい仕事を開始しても日本経済や業種の景気で周期が悪い時期に嵌り、自身の経営思想が時代にフィットできないまま、四苦八苦することでしょう。

事業主や事業者が順応性や瞬発力ある強い営業ができるなら、恐らく、自身の会社の大小は営業成果に関係ありません。

開業ドライバーの成果

法人や個人ということも営業成果には大きく関係しません。そう思うべきです。

大企業であれ零細企業であれ、意思を通したい相手は人ですので、謙虚さと実直な考え、相手を想い、ブレずに魅力ある営業行動することの繰り返しです。

商品購入や役務発注に満足している企業には新規営業を仕掛けることが難しいと考えている人も多そうですが、きちんとした営業ができる人ならば、むしろ、現状に満足しているような企業に対して営業アプローチする方が効果的に新規受注できることもあります。

そのあたりは営業の醍醐味や面白味でもありますし、時には何クソと悔しい思いをしながら予習復習することもありますが、真剣な営業の先にあるのは「稼ぎ」です。

ただ、

error:Content is protected !!