千葉県内でも物売りの営業と役務サービスの営業の違いを理解しない軽貨物ドライバーの個人事業主は力量不足である。

お酒の軽貨物配送 【軽貨物運送の検証ブログ】千葉県の軽貨物|独立開業

相手側にも部門や部署で派閥のような関係もありますし、もちろん、旧態依然、自身の社歴がモノを言うこともまだまだありますし、料金価格を他社より安くすればよいだけでもありません。

また、一般的な企業の経営者は現実問題として、組織で営業活動することで信用力であったり多様性であったり収益力を考えるようなケースが多いです。

開業ドライバーは立場が弱い

とは言え、組織の中では優秀にパワーを発揮できても単独1人では何もできないよいな人もいますし、無闇に営業人数が多いと考えの違いがノイズとなって方向性がブレることもあり得ます。

どんな職であれ、起業家精神を持った強い営業スタンスの事業主や事業者がいますが、巷で軽配送の仕事しているような企業経営の経験のないレベル個人事業主の軽貨物ドライバーは、大半、人1人で営業行動を頑張っても成果を出しにくいはずです。

営業を履き違えていると荷主様や元請け会社やお客様から舐められます。

  • 仕事ありませんか=営業ではない。
  • 仕事できます=営業である。

どんなに配送業務をテキパキと仕事ができようと、どんなに真面目に配送の仕事ができようと、どんなに配送ドライバーの経験があろうとも、それは新規の営業では断固たる強みにはなりません。

営業の正攻法には地域性の違いもありますし、業種によっても正攻法の違いがあります。

開業ドライバーの戦略

人によっても営業の正攻法はそれぞれですが、私の場合は相手企業の「ゆとり」「あぐら」を発見するように心掛けています。

error:Content is protected !!