軽貨物車の持ち込み求人でドライバーの仕事を探すなら、どういう事業運営をしている配送会社に配属するのがよいのか考える。

シャリご飯の配送 【軽貨物運送の検証ブログ】独立開業

18,000円の案件より12,000円や15,000円の案件を請ける方が1日トータルで稼げることも多々ありますし、稼ぐノウハウを持っている個人事業主軽貨物ドライバーはその仕事案件が目先のお金ではなく、ゆくゆく意味を持つ内容であることをイメージできるわけです。

だから請負して経験値を稼ぐのです。

美味しい案件は他人にとっては美味しくても自分にとって美味しいとは限りません。

また、業務委託の軽配送ドライバーはどんなに配達の仕事が迅速にできる実力ある軽貨物ドライバーであろうとも所詮は人1人です。自慢にもなりません。とにかく真面目に遅刻せずにきちんと稼働すれば良いわけです。

しかも、配送の仕事は需要と供給です。

10,000円の仕事案件はどんなに頑張っても10,000円にしかなりません。20,000円の仕事案件でどんなに頑張っても20,000円にしかなりません。

楽しい気持ちで仕事をしても10,000円ですし、嫌々な気持ちで仕事をしても10,000円ですので、プロ専業の軽貨物ドライバーはどうやって働くのが得かを深い意味でも知っています。

素人のように配送案件を批評したりSNSで案件の愚痴を言いながら慰め合っても微妙なわけです。

当然、配送の仕事は軽貨物ドライバー中心に動いているビジネスではありません。

荷主様の発注があれば仕事がありますが、発注がなければ仕事も稼ぎもゼロ、無収入です。

物売りが巷で流行している商品を全力で売ることをせず、流行する可能性のある商品や商品を流行させることに着眼を置くのと同様、軽貨物配送業者や軽貨物ドライバーもビジネスセンスや先見の明がある動きをしていきたいものです。

仕事も会社も生き物だと考えます。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!