教えたくない軽貨物ドライバーの稼ぎとノウハウ、個人事業主ドライバーが配属先で選んではいけない稼げない軽貨物配送会社とは。

千葉県の軽貨物で稼ぐ方法 【軽貨物運送の検証ブログ】 千葉県の軽貨物|千葉の独立開業

運送の実働をせず、外注委託するだけで、軽貨物ドライバーから15パーセントも20パーセントもぼったくりでマージンを取る配送会社があるとも聞く。

こういったスタンスの軽貨物配送会社はやがて物流業界の商流として荷主から淘汰されるだろう。

勿論、どんな仕事では通信費や販管費が少なからずかかるので軽貨物の配送会社でも適正マージンをドライバーから預からないとやっていけない。

営利事業は慈善事業ではない。

私が調査を続けている限り、軽配送の場合、ドライバーが配属会社に分け与える利益は5から10パーセント前後のマージンであれば良心的。その点では配属加盟しても間違いはない。

もし、15パーセントも20パーセントもマージンを取られているならば、個人事業主ドライバーは根本的に配属会社を変えることをお勧めする。

ドライバーの労働から摂取したマージンを配送会社は事業開拓の費用や予算には使われずにドライバーとして実働しない会社経営陣の贅沢な雑費や報酬に使われるだけ。

簡単に言うと、業務委託のドライバーが配属会社の経営陣を食わしているのだ。そう言った会社はドライバーファーストな訳。ドライバーは商品であり鴨葱状態。

勿論、あなたが社員や準社員ドライバーでの雇用ならば、身を粉にして、会社利益のために活動するのは当然のこと。

仕事は自分のためではなく会社のためにある。

しかし、多くは業務委託のドライバーは個人事業主であり、外注の立場であり、配属会社のために身を粉にする働き具合は良いことではない。

ドライに感じるかも知れないがビジネスの世界とはそういうもの。ボランティアではない持ちつ持たれつでもある。

error: Content is protected !!