配達員の軽配送ドライバーになる覚悟と実態、裏で実在する軽貨物仕事のブローカーをブログで語る。

千葉県の軽貨物で問題視される喫煙ドライバー 【軽貨物運送の検証ブログ】 千葉県の軽貨物|千葉のチャーター便

全般、軽貨物配送のドライバーになろうとする動機的に、仕事中は一人の時間が大事という要望を持つ人も居ることでしょう。

軽貨物ドライバーの配送員は運転中は一人きりです。

流石に一日中ずっと他人との接点がない訳ではありませんが、世の中の営業マンに比べると人とのコミュニケーションで悩むことはかなり少ない仕事です。

それでもドライバー業務は毎日が納期に関わる仕事なのでプレッシャーは結構あります。

それでもルート配送のような種類の軽配送仕事をするならば、ほぼほぼ、慣れてしまえばノープレッシャーと言えます。

慣れるには最低でも一ヶ月はかかるので、すぐに不平不満を言わずに焦らず仕事をしないといけません。

仕事の失敗は必ずあります。気にしてもいけません。同じことを数回ミスすることもあるでしょう。ただ、素直に反省して挽回すれば大丈夫です。

無論、軽貨物ドライバーの仕事に関係なくですが、知り合いや友達の仕事など、ノープレッシャーに近い状態では技能などのスキルアップは望めません。

仕事に慣れるだけで失敗はゼロ化しますが、それを軽配送のプロとは呼べません。

また、業務委託での軽貨物ドライバーの役割は単なる配送員です。営業マンみたいに顧客から呼び出しもありません。

このことからも悪徳にピンハネされますが配送会社に属すれば商談も見積もり作成も必要ないでしょう。

まず、荷主との営業会議もないですし、そういうことが苦手なら確かに楽です。

error: Content is protected !!