元エリート達が取り戻すべき過去の虚像、軽配送で巻き返すパワーのあるシニア層とミドル層の軽貨物ドライバーみんな頑張れ。

シニア層とミドル層ドライバーを急募 【軽貨物運送の検証ブログ】独立開業

軽貨物配送の仕事で東京都内のビル内オフィスへ荷物を納品する際、エレベーター内のミラーで自分の姿をふと見たとき、自分の格好や姿に違和感と危機感を感じました。ミドル層やシニア層の軽貨物ドライバーならば一度は感じた事のある経験かも知れません。

軽貨物の仕事であろうとも、都内のオフィス街で働くビジネスマンであろうとも、真のエリートはキャリアも関係なく、様々な仕事環境下であろうと順応する能力で自分の生きていく道を構築していくチカラを持っています。 世の中、みんながエリートだと大変な競争社会になってしまいますが、あれヤダ、これヤダ、儲かる儲からない、これできない、これやらない、こういったレベルの事を口に出して言う人たちがいるからこそ、真のエリートは引き立つ訳でもあります。 私は仕事の姿勢は全てがお客様ファーストであるべきと信じています。 なお、まだヤング層の20代から30代では何をどう偉く頑張っても背伸び感が目立ちますが、40代のミドル層やシニア層になると真のエリートは「どこかが違う」ようになり、接すると一目で差が分かるようにもなります。 目つき、顔つき、背格好、言動、やはり大人な感じです。仕事柄、海外企業や日本全国の上場企業や地方のお客様まで若い頃から幅広い取引先と付き合いがあったので、当時もですが、ミドル層やシニア層になったエリートが頼もしい存在であることを今でも深く理解でき、諸先輩を尊敬しています。 やはり、仕事の楽しみ方をマスターしている人は芯が強いです。 エリートはどんな内容の業務であろうと自分の誇りを持ちつつ仕事に挑みますが、真のエリートのモチベーション維持力こそ能力の差と言えます。 千葉県で見かけるミドル層の軽貨物ドライバーは、紳士的な方や、淑女的な方は、非常に数少なく思います。 勿論、人としては気さくな方も多く、それぞれの役割で仕事をされています。
配送の問い合わせ
error:Content is protected !!