軽配送業界の現状と千葉で軽貨物ドライバーが働く姿勢、軽配送のワークシェアリングを考える。

千葉県で軽貨物ワークシェアリング 【軽貨物運送の検証ブログ】運送業

もちろん、すぐに淘汰されます。

軽貨物ドライバーが運んでいる荷物ですが、その生産者の物つくりには機械化やラインで進めることで技術力や普及が格段に向上することもあれば、機械ではできないバラツキの抑制には、人間の手でアナログな仕事によって生産物の技術や普及が向上することもあります。

大きなトラックで運ぶのか、小さな軽トラックで運ぶのか、漠然としてですが、この図式にも似ています。

軽ドライバーのように、アナログで作業する立場の業務では、仕事が遅い、仕事が早い、こういったことが効率ですが、ドライバーの能力と経験スキルがあればスピーディに仕事はできるようになります。

しかし、何のためにスピーディに仕事をするのでしょうか。

早く仕事を終えて遊ぶ、早く仕事を終えてデートする、早く仕事を終えてパチンコに行く、早く仕事を終えて家事をする、など様々でしょう。

早く仕事を終えて「仕事のために寝る」、早く仕事を終えて「仕事のために勉強する」など、仕事を早く終えることによって自身が今よりスピーディに仕事ができるようになりますにでスキルアップに繋げていけるでしょう。

自分が今やっている仕事や業務が、自分の人生で目先の目的か、先の目的か、こういったことを考えるだけでも、個人の仕事ならば効率が変わってきます。

ただし、皆が同じスピードの動きをすることはありません。

結果的に、会社や事業では、人1人が頑張っても空回りすることが多いわけです。

だからこそワークシェアリングをベースにし、働く人たちの労働時間を短縮し、仕事をシェアし合うことも大事になってきます。これが雇用創出と安定化のベースです。

これから軽貨物ドライバーを目指す場合、これまで働いていた人だけでなく、これまで働いていなかった人々を含めて、だれもが「その能力に応じて働ける職場環境の整備」が必要と言われています。

当たり前といえば当たり前のことです。

ワークシェアリングは4つの類型に定義と分類されます。分類して個別の意義をもたせてることで、零細企業であろうとも、中小企業であろうとも、さまざまな角度から雇用創出と安定化を図っていくものです。

雇用維持型ワークシェアリング

中高年者や退職者の雇用を維持することを目的に、1人当たりの労働時間を削ろうというものです。退職者の再雇用制度などが当てはまります。人材不足に陥っている会社は、雇用維持型のワークシェアリングが効果的です。

雇用創出型ワークシェアリング

求職中の方に対して、新たな雇用を提供するときに行われます。新たなインフラ整備、建物建設などもこれに当てはまるかもしれません。民間企業ではなく、国や政府が中心になって行われることも多いです。道路工事などが雇用創出型のワークシェアリングに当てはまるといえます。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!