誰がやっても同じ仕事はしない軽貨物ドライバーの高度な意識。

千葉県の軽貨物|独立開業

物凄い量の荷物が大手宅配便の集配センターで日々溢れかえっている宅配便の配達仕事であろうと「数年後」には仕事消滅する可能性が違和感なくあります。

そう、ロボット化です。

人工知能や自動運転の技術は漫画の話ではありません。現実です。

24時間働いて、文句も言わず働いて、風邪や病気でも休まず働いて、寝坊しないで働いて、こういった優秀な軽貨物ドライバーは人間ではいませんし、ロボット化が進むと副業ドライバーやフリーランス風の軽貨物ドライバーのように教育する意味のない人材の無駄な育成期間も必要なくなります。

即戦力の軽貨物ドライバーとして働くことのができない技量の人は数年で淘汰されるのは確実です。

2025年を目処にタクシードライバーや路線バスのドライバーや長距離トラックのドライバーの仕事は消滅すると一部で予測されています。

もちろん未来がどうなるかは分かりませんが、大手ネット通販の宅配便ドライバーの仕事や出前みたいな配達員の仕事も消滅する一つの職になると考えられます。

先を見据え、真の優秀な軽貨物ドライバー業者になるには「人間力で何をどうすれば良いのか」を考えておくべきなのです。

軽貨物ドライバーの心身

軽貨物ドライバーの仕事は納品です。常に時間に追われ、仕事量も多く、稼ぐドライバーは休む暇もありません。ロボットに対抗するならば生活リズムを崩さないことと心身を疲弊させずにモチベーションを維持することが求められます。

軽貨物ドライバーの人間関係

軽貨物ドライバーは単一の働きでは通用せず、周囲の人、グループ、チーム、取引関係先に貢献したいという気持ちそのものが原動力になり、身近な同僚でやる気がないドライバーが1人でもいるとモチベーションは必ず下がります。タブーを聞かない、不平不満を周囲に言わないことが求められます。

軽貨物ドライバーの仕事

軽貨物ドライバーは配送や配達の仕事にやりがいを見つけないとやってられません。配送のミスや失敗をしたときこそ反省をしてやる気の維持力を鍛えることが大事です。仕事のやりがいを感じ取れる能力が求められます。

error:Content is protected !!