軽貨物配送の仕事を面白く考える逆転戦略について。

運送業

とは言え、感性は口で言うほど身に付けさせることは簡単なことではなく至難の業です。

絆や義理もなく、社員のように忠誠のない外注業者の業務委託で働く人間に感性を叩き込むなど以ての外です。

メンターとして優秀な軽貨物ドライバー業者が売れない軽貨物ドライバー業者と対話し、臨機応変に指導し、暫くの期間を一緒に行動しなくては売れる軽貨物ドライバー業者の感性が育つ可能性はかなり低いでししょう。

所謂、修行の気持ちです。

感性とは生まれ持ったものの上に、自己努力によって時間をかけて形成していくものと言われています。

もちろん賛否があるにせよ、感性はまさに「生まれ持ったもの」と言わざるを得ないのが現実ですので、軽貨物ドライバーの仕事を通じて与えられた業務や課題に積極的に取り組む前向きな思考を持つことから個人事業をスタートしなくてはいけません。

売れる軽貨物ドライバーの感性を身に付けるには軽貨物ドライバーの1人として与えられた業務と課題に対して、できない理由を言うようでは絶対に売れる軽貨物ドライバー業者にはなれません。

顧客ファースト、どうやったらできるかを考えるチカラそのものが個人事業主としての事業計画で最大の武器となるのです。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!