自分自身では営業ができない業務請負の軽貨物ドライバーが起業して成功する為に必要なこと。

個人事業主

個人事業主の業務委託軽貨物ドライバーの大半が営業行動が不得意です。そのためターゲット顧客を明確にできず、労働することでお金はそこそこ稼げたとしても、月日年月の時間は無駄に浪費している。

業務委託軽貨物ドライバーの仕事環境は孤独と言えますが、群れて仕事するのが嫌いな人にとっては好環境です。

軽貨物ドライバーの個人事業主は、個人事業主とは言いつつも、個人でバリバリ自営で営業してハンドルを握って街中を走っているような経営型の軽貨物ドライバーさんはほんのひと握りの数です。

よくあるパターンとしては、元々はどこかしらの宅配会社のドライバーだったとか、どこかの軽貨物配送会社に配属加盟していたが、自分で決めた仕事が何かしらで嫌になったか、事実上の出入り禁止になったか、中間業者の抜き行為などモラル違反の御法度をするなどして加盟会社との契約を辞めてしまったとか。

最終的には浮遊ドライバー業者と化して仕事を失って困った挙句は、SNSや掲示板やマッチングサイトで日雇い配送の仕事探しで四六時中スマホを睨めっこして、日雇いドライバーのように案件を虚しく取り合いながら一喜一憂し、不安定な仕事をしている業務委託ドライバーが多いと聞きます。

そうなると仕舞いには過去の関係先やネット求人を見ては配送業者に片っ端から電話問い合わせをし、営業をせずに仕事求人ばかりを求めるようになり、電話で「仕事ありませんか」をしてしまうのがオチです。

とは言え、多くのまともな軽貨物ドライバーさんはどこかしらの軽貨物配送会社に専属で加盟し、軽配送の仕事を程よく斡旋してもらっているドライバー業者が多いと思います。

ただ、それらも個人事業主というより、個人事業主風というか、フリーランス風というか、本来あるべき自営する個人事業主の姿とはほど遠く、現実はそんな感じなので軽貨物運送の配属会社に2割も3割も運賃をピンハネされならが鴨ネギ状態で働いているのが実態でしょう。

もちろん、営業才覚がなく、人脈がなく、スキルアップ後の成長意欲が人一倍なく、持続化できるようなプロ意識が本人に無ければ、営業は通用しません。

ならば手数料マージンを支払って仕事はうまく斡旋してもらう立場で仕事をするのが正解だと思います。

千葉県内での緊急配送お気軽に
error:Content is protected !!