受注ルートを持つ個人事業主軽貨物ドライバーと営業能力が発展途上の個人事業主軽貨物ドライバーの違いをブログで語る。

ドライバーの働き方と軽貨物 【軽貨物運送の検証ブログ】 千葉県の軽貨物|千葉のチャーター便

前職などで全国区への営業経験がある軽貨物ドライバーなら自然と分かることと思いますが、新規受注する配送案件の囲い込みと既存の配送案件の維持を同時進行で行い、自分に有利な単価や稼ぎを向上させるという手法が基本中のキホンとなってきます。

募集を見て電話を掛けまくって「仕事ありませんか」をやった時点でアウトです。ふらふらしている記録そのものがこの狭い業界内の業者に残りますし、横繋がりが強い業界なので、中間業者の鞍替えや中抜きを試みた時点でアウトになるでしょう。

また、お世話になってきた既存の配送案件で問題起こしたり裏切りや謀反を起こし、新規に受注できそうな配送案件を他で探すようなレベルの軽貨物ドライバーも見かけますが、流石に間抜けな話です。

良い案件が見つかったら直ぐに仕事を乗り換えるという浮気タイプの軽貨物ドライバーも見かけますが、それも恥ずかしいことです。

やはり、前後の仕事に感謝し、自分の経験を否定せず、取引関係者との義理を正し、次を目指していかなくてはならないでしょう。

中間業者の鞍替え、中間業者の中抜き、そのような御法度の個人事業主ドライバーで仕事のできる人はまずいません。勿論、そのような信頼されないドライバーに良質な仕事ニーズなどありません。

軽貨物ドライバーには納品がうまくできるという人はもちろん沢山います。しかし、荷主企業様や元請け会社様で求めているドライバー人材はそんなことではなく「仕事のできる人」を求めているのです。

ネットや掲示板で良い仕事が出てこないかな、と雛鳥のように群れて口を開けて親鳥からの仕事案件を期待して待っているスタンスでは駄目です。

営業が嫌い、営業ができない、ということを言う軽貨物ドライバーさんも沢山いますが、自営業なのに営業が全くできないのは致命的です。

  • 仕事ありませんかと電話掛けまくるのが営業ではありません。それは最悪のパターンに陥ります。

軽貨物配送という職は、取引先に信頼されるドライバーになることが営業の基礎になります。納品ができるではなく、仕事のできる基礎がなければ営業は通用しません。

従って、仕事能力のスキルアップはお金の稼ぎより優先するべきこととなります。俗に言う、修行です。

error: Content is protected !!