ドライバー営業支援

広告

協力ではなく協業。軽貨物配送専門店のシフタープロ軽貨物チャーター便を協業いただける会社様、専属ドライバーになっていただける人員を若干名募集しています。シニアドライバーや新人さん、背伸びせず、無理せず、長く頑張れる配送ドライバーさんの加盟登録を歓迎しています。

軽貨物配送ドライバー業者と協業して営業支援する日本シフター産業が運営するシフタープロ軽貨物チャーター便。

シフタープロは巷でありがちな業者間で右から左へ配送仕事を回して利益を上げる軽貨物配送会社ではありません。

フリーランス風ドライバーや副業ドライバーとは異なり、しっかりとプロ本業で自営する個人事業主の軽貨物配送ドライバーの場合、請負責任の範囲や多忙故に、「代わりに走って欲しい」「代わりに走れる」という対策を講じた稼働状態をキープしておく必要性があります。

私たちシフタープロは独立系で営業し、軽貨物運送を実務するドライバー業者として最も大切である荷主様ファーストの営業姿勢を守ることに重点を置いた配送業務を遂行しています。

個人事業主ドライバーは、身体の健康、車両の健康、勢い任せではなく様々なリスクを想定しながら、自身の配送スキルを高め、メンターを見つけ、少数精鋭の協業ドライバー部隊を築き上げて背伸びなく営業活動しながら安定稼働するのも個人事業主ドライバーが闘うための手法の一つと考えます。

協力ではなく、協業です。

これから軽貨物配送の仕事を始めようとしている方は社員ドライバーになるべきか個人事業主ドライバーになるべきか迷っている人、軽貨物配送の仕事をはじめても順応できるのか不安を抱えている人も多いと思います。

配送の仕事と言っても大型トラック運送会社の仕事までドライバー志望を視野に入れると選択肢が多くなり過ぎて雇用や請負で勤める運送会社を選ぶのも大変ですが、軽貨物運送の職に仕事幅を絞り込むならば、気に入った会社がどこかしら見つかるはずです。

数名の軽貨物運送業者でも数十人の軽貨物配送業者でも仕事内容や金銭面の諸条件はどこも似たり寄ったりで大差はありません。

ぜひ、焦らず、いくつかの会社で面談されるべきだと思います。

軽貨物運送の会社は一般企業のようにピカピカな事務所で一等地という感じの見てくれは期待できませんが、地味な会社ほど堅実に運営されているところが多いです。

勤める会社の派手さや将来性や信用で就職先を探すような感じではなく、配送の仕事をするための軽貨物配送会社選びは、気軽にできるバイト先を探すような感じに近いかも知れません。

とは言え、社員雇用で働くのか、業務委託で働くか、これの違いはきちんと知っておかないと面接などで時間を割いてくれる会社側にも迷惑がかかりますし、無闇な相手任せでも仕事を始めたとき自分自身に負荷がかかってきます。

社員雇用でのドライバーになるなら、毎月一定の金額しか稼げませんが給料制なので暇でも忙しくてもお金は貰えます。

しかし、収入安定と引き換えにブラック企業のような働き方も覚悟するべきでしょう。

巷では勘違いしている人たちが多いのですが、社員ではなく業務委託のドライバーになるなら、喜んでブラック企業のような働き方ができる人でなければ有意義に稼ぐことはできません。

要するに業務委託ドライバーに必要な条件は自営業としてプロ意識を持つというわけです。仕事がキツイだとか文句や不満を口に出しても意味がありません。

個人事業主である限り、仕事をやらされているという甘い考えを持っているようではどの仕事案件でも通用しません。

プロの自営業ドライバーではなく、フリーランス風の自由業ドライバーのように好きなときに働きたいだとか割に合う仕事しかしたくないという人間性では、ただでさえ不安定要素のある個人事業主の業務委託という環境の中で、更に、稼ぎの浮き沈みがでてしまうでしょう。

仕事と事業は違います。

仕事は初心者でも実直に経験を積めば仕事ができるだとかできないはほぼ克服できます。

しかし、軽貨物配送という職の性質、軽貨物配送のビジネス構造、そして人様の荷物を一時的に預かって配送するという責任ある役割からして、自由業ドライバーのようにドライバーファーストなどと甘いことを言ったり期待したり染み付いているようでは顧客からも会社の内外や取引先からも淘汰されます。

荷のある会社様や個人様の思いや姿勢や悩みを把握し、軽配送サービスで貢献しなくてはなりません。

多くの軽貨物ドライバーは楽して稼ぎたいと考えています。もちろん、私もその1人であるのは言うまでもありませんが、人には得意不得意があるはずです。

人によっては営業が苦手なドライバーもいますし、愛想を振りまくのが苦手なドライバーもいますし、肩の力の弱め方が下手なドライバーもいます。

誰しも得意や不得意があって当然のことですが、いろいろできる人は稼げますし、いろいろできない人は稼げないだけのことです。

その先にあるのは「配送ニーズに寄せた働き方ができるのかできないのか」ということへの順応となります。それが稼ぎとなります。

千葉県でシフタープロ便を運営する中で想うことがあり、軽貨物配送の仕事で縁あって集まる人が、平等に活き活きと、女性や男性を問わず、新人さん、シニア層ドライバー、ミドル層ドライバー、ヤング層ドライバー、経験値を問わずに皆が責任感ある配送業務を熟し、人生としても1日1日を大切にしていける仕事っぷりのできる環境が夢であり宝だと感じています。

ビジネスに於いては、どんなに大きな声で自己主張しても、所詮、1人の軽貨物ドライバーです。

どんなに優秀な軽貨物ドライバーであろうと、一度で複数の軽貨物車を運転して配送業務をすることはできません。

個人事業主の軽貨物ドライバーの場合、人1人の稼ぎは時間の切り売りですから、エースドライバーであろうとトップドライバーであろうと、稼げる金額などたかが知れています。

しかしながら、人よりも多く稼いでいる軽貨物ドライバーには大きな共通点があります。それがノウハウです。

配送の現場に教育を期待してはいけません。社員ドライバーではなく、業務請負のドライバーであるならば尚更です。できて当たり前です。教えてもらってない、知らなかった、聞かなかった、そう思わなかった、これらは出入り禁止ドライバーのレベルです。

ドライバー同士はご都合主義の協力ではなく、共存共苦、協業ができるレベルでなければ独自の営業では強く勝ち残れません。

どんな業種であれ、営業弱者同士の協力では足を引っ張ってしまう、足を引っ張られてしまうことさえもあり、営業弱者による共同や協力は軽貨物配送事業ではシナジーは生まれにくいです。

個人事業主軽貨物ドライバーはドライバーである前に個人事業主であり、その個人事業で大切なのは健康経営であることを忘れてはいけません。

ヒト、モノ、カネ、情報、この4つの経営資源とするべき軸をブレないよう的を絞り、ドライバーは自分流でそれを一つ一つ築いて固めていかなければ、個人事業での成功など遠い話です。

仕事と事業は性質が異なります。

シフタープロ本部はメンターの立場となって各ドライバーは我々シフタープロに与えられる配送業務を通じてロジカルシンキング(論理的思考)を鍛えながら、各自が個人事業を成功させる道筋を見つけるための補助をするまでです。

仕事ありませんかと発注を待っているようでは甘過ぎます。ドライバーは、あれができる、これができる、そういうアピールを無くして仕事など回ってきません。

そもそも、個人事業主である以上、教育や協力はありません。手助けでもなくボランティアでもない訳です。

巷では多くの軽貨物配送会社が誇大にドライバー教育を徹底しているなどと謳いますが、その実態は、根本的に軽貨物ドライバーの職を選ぶような人は「こんなこともできないのか」という社会人レベルの人が多いのが現実だからです。

誰でも形振り構わずドライバー採用するので他社業者では教育や協力という言葉が頻繁にでてくるわけです。

当然、教育や協力は口先だけの話であり、軽貨物配送会社の言うドライバー教育とは、配送業務に於けるニッチな実務のことばかりです。個人事業主が事業成功するための教育ではありません。

シフタープロでは配送のプロになるのではなく、個人事業主ドライバーのプロになるべきが大事と考えており、関係ドライバー様や関係会社様とは協力ではなく協業することが大切なことだと考えます。

巷で走る個人事業主のドライバーは配属する軽貨物運送の会社に鴨葱状態で利用されている人が大半です。

熟練の先輩ドライバーからの教育であろうとも単なる仕事の参考にしかならず、ドライバーの個人事業を成功させる参考には全くなりません。

ドライバーは常にストレスを落ち着かせ、ドライバーファーストではなく常にお客様第一主義で配送の仕事を気持ちよく業務することを目指し、自薦できる実力を鍛え、他薦されることも意識し、ドライバー自らが荷主様や元請け会社様へ営業展開するチャレンジも怠らず、自分自身と配属会社の仕事持続性をwin-winで求めながら安定的に実直にお金を稼いでいくべきです。

スポット配送や定期配送しかり、荷主様の配送部門として営業代行サービスまで手掛ける軽貨物運送の専門業者として、私たちはドライバーファーストという甘い営業姿勢を一切持たないように活動しています。

千葉県近郊での配送を得意とする軽配送業者としてシフタープロ専属の配送ドライバーによる実直な業務態度の積み重ねによって、荷主様からの信用や信頼が成り立ち、グループやチームで培っています。

ドライバーをできるだけ増やさない経営、ドライバーをできるだけ増やさずに事業成果を確実に堅実に上げることがシフタープロ究極の営業展開となってきます。

個人事業主の軽貨物ドライバーはワンオペで経営戦略や配送サービスの研究開発や営業開発を担い、配送の実作業も1人で自らハンドルを握って担当し、雑用や事務処理もドライバー自らが労働者となって業務を行うこととなります。

自由業ではなく、自営業であるべきです。

好きな時にだけ働くだとか、副業意識、フリーター気分のフリーランス軽貨物ドライバーのような片足を突っ込むように働く姿勢では、結局は営利も足らず続かず、他社と競争する土俵にすら立つことはできません。

本業として荷主様の仕事ニーズに働き方を極限まで寄せていき、やるからには個人事業主のプロ意識を持って開業し、配送ドライバーとしては業務をうまく遂行できるノウハウを蓄積するわけです。

それを支援するのが軽貨物運送会社の役目や役割です。

千葉県の京葉エリアや東葛エリアや印旛エリアを営業軸として発足した地域密着型の少数精鋭で営業展開をする独立系の軽貨物配送チャーターの専門業者です。

  • 忙しくて軽配送案件を断っている。
  • 軽貨物ドライバーが足りていない。

仕事の量より仕事の質を大事にし、ドライバーの数よりドライバーの質を大事にしています。

拡大せず、拡充を徹底し、社会人として報告や連絡や相談といった基本姿勢を正し、本職のドライバーとして稼働効率を高めることができる配送技術を鍛え、荷主様、物流センターなどの物流施設における能率に対して安定的に配送業務をサービス提供できるよう適正な価格体で配送サービス料金を荷主様にご案内しております。

シフタープロのような独立系の軽貨物専門ドライバー業者は、事業拡大ではなく、仕事を拡充しながら各ドライバーの仕事を濃くすることをベースに事業運営を展開することが正しい道だと捉えています。

配送ドライバーはどういう志で仕事を始めようとしているのかが大切なことです。

稼げる額面は人それぞれですが、軽貨物ドライバーが効率的に稼ぎ、持続性ある仕事案件で中長期で安定稼働しようとする際、高単価な案件を懸命に探しても上手には稼げません。

各ドライバーは仕事耐性を重要視することも大切です。

身体、神経、精神、3つのストレス感覚、時間帯毎における稼働率のバランス、仕事案件の組み合わせを意識して働ける環境が肝です。

配属先、荷主様、元請け会社の仕事ニーズに自分の働き方を最大限に寄せていきながら稼働率を上げるノウハウを築いていける仕事環境と協業の環境を得ることが、初心者の開業ドライバーにとっては有効だと考えています。

稼ぎたい額や働く理由は皆それぞれ違うからです。

名の通った軽貨物運送会社の多くが下請けの立場で実運送している業務委託ドライバーからマージンを1割以上や2割も3割もピンハネすることが営業軸となっているのが実態です。

千葉県内に於いても新人が何も知らずに名のある軽貨物運送会社に配属してしまい、ドライバー志望者は足元を見られ、配送会社に高額な車両リース契約させられたり、契約で縛りをつけて働かせるなど、悪どい商法に引っかかる開業ドライバーも絶えません。

軽貨物ドライバーと配属会社との関係性は本来、業務委託や業務請負ではなく、業務提携と業務協業による運営姿勢が正解だとしています。

  • 軽配送は拡大より拡充が大事。
  • 非効率な配送業務請負を減らす。
  • ドライバー業務シェアの仕組み。
  • 外注することで業務の洗い出し。

荷主様でも、売上変動や業務量の変動は必ずあるものと捉えております。

稼げるときに稼ぐ、暇なときは休む、これも業務請負ドライバーに必要なことです。

軽貨物配送のシフタープロ専属ドライバーになっていただける人員を若干名募集しておりますが、異業種での勤務経験をお持ちの方を優遇しています。

やるからにはやる。

配送の経験者や未経験者を問わず、異業種からの転職や再就職の仕事探しで軽貨物配送ドライバーとり、女性や男性を問わず、活き活きと再チャレンジしてみようという人間性を好んでいます。

何事も結局は自分で決めてやってみなければ何も分かりません。

  • シフタープロ専属ドライバー
  • 要普通免許(AT限定可)
  • 未経験者可
  • 年齢不問
  • 性別不問
  • 車両持込歓迎
  • 車両貸し出しあり
  • 業務請負

order@shifter-japan.com

軽貨物の車両をお持ちではない方も軽貨物車のレンタルやリースや貸出しで業務請負ドライバーやアルバイトドライバーでの稼働も可能です。

専属のドライバーは好条件の案件で安定して稼ぎやすい環境をキープできます。

黒ナンバー登録の車両持ち込みができる方や、これから車両購入で開業を計画していきたいという方を問わず、女性や男性も問いません。未経験でも1ヵ月から3ヵ月ほどで仕事に慣れてきます。

  • 無理なく安定した稼ぎを求める。
  • 任される生きがいを求める。

毎日稼働したい方、土日だけ稼働したい方、などもシフタープロ専属ドライバー応募でご相談ください。

荷物が重いものではない配達だから楽だとか、好きな時間に働けるだとか、働いた分だけお金になるとか、運転が好きなら大丈夫とか、勝手なことを言い、ハードルを下げて良さげなことばかりを誇大に求人広告しているところが目立ちます。

配送ノウハウを鍛え、自分が得意なことを明るくサービス提供してける仕事ポジションを築き、その独自の仕事ノウハウを仲間ドライバーと共に更なる配送案件へ繋げながら仕事経験を身につけ、共栄ではない共存と共苦ができる関係こそ、個人事業主の成長では必要不可欠なことと考えます。

軽貨物配送の仕事はスポットや定期案件を問わずに荷主現場へ直行直帰が基本の仕事です。シフタープロでの専属ドライバー募集は業務委託として週4日以上を稼働できる方が望ましいです。

車両持ち込みの業務請負ドライバー、もしくは、車両持ち込みではないアルバイトドライバーや社員ドライバーを募集(3ヶ月は研修期間、週6日勤務)をしております。

仕事範囲は、お弁当の集荷配達、食品や雑貨の企業配、新規案件での稼働です。特段の要望がない限り大手ECサイトなどのインターネット通販の宅配案件は扱いません。

案件内容の働き方で各ドライバーの収入は異なりますが、一日あたりの日当収入は8,000円から20,000円前後が平均です。

深夜型や早朝型の案件を組み合わせると25,000円から35,000円前後が日当換算のイメージです。

フリーで週6日などで柔軟に専属出動できる方はより高単価の条件で安定した収入を得られます。

体力面で身体に無理をかけたくないなどの要望も気兼ねなくご相談ください。当店では異業種でキャリアを積まれてきた方を特に歓迎しています。

千葉県で軽貨物車を使って配送の仕事をしよう
千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者

千葉県で軽貨物配送専門店シフタープロ便を運営する営業統轄責任者としてハンドルを握って実運送する軽貨物配送セールスドライバーとしての事業展開する準備段階の奮闘と成功術の備忘録ブログです。

▶︎軽配送は経験知識から思考へ尺度対応する時代に

宅配会社などの配送ドライバー上がりではなく、若い頃より外資系メーカーでの職歴や荷主メーカーの立場で商品開発や輸入貿易から販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCMの構築、倉庫在庫管理、商品販売の競争力を高める流通と物流の仕組み作りを25年間ほど経験してきました。

物を作る、物を売る、物を送る、といった仕組み作りと物流や起業に興味を持ち続けている1人です。

軽貨物車を使った加温輸送や冷蔵輸送や常温輸送の仕事を請け負い、荷主様や元請け会社様や協力会社様と共に様々な軽配送仕事を覚えることに楽しみを感じ、千葉県を軸として、配送業務を一つ一つ熟しながら事業性の価値を検証しております。

軽貨物運送会社では軽の貨物車を使った運搬配送の需要増はインターネット通販の普及によるものだと単純に勘違いしている配送業者が見受けられます。

軽配送のニーズ拡大は決して先駆の軽配送会社による営業功績でもありませんし、単純にインターネット通販が普及したからでもありません。

我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、過去のように大手企業だけでなく「地方の中小企業や零細企業にもSCMの構築が仕上がりつつある」ことがきっかけです。

運送会社の大手企業や中小企業、配送業界の末端である個人事業主の業務請負ドライバーに向けられた貨物運送の「納品仕事ニーズが細分化」され、それが需要拡大したかに見えているだけなのが現状であるとシフタープロは捉えます。

配送ニーズの細分化は、地場で末端の配送業者である軽貨物運送会社や個人事業主の軽貨物ドライバーが従来のようなドライバーの数やネットワーク組織力という仮想規模の営業サービスでは通用しない配送時代になることを意味しています。

当然、茶髪や髭やピアスや眉剃り、タバコ喫煙のドライバーは時代の流れと共に荷主様や荷受人様や元請け会社様から淘汰され始めています。

過去はそういうドライバー品質でも通用していましたが、配送ニーズの細分化によりそういう品質のドライバーやドライバーファーストの意識を持つような事業者や事業主は先細りするでしょう。

誰でも構わずドライバー人材を寄せ集めしてドライバーからマージンをピンハネすることが商売の軸となっている軽配送のネットワーク組織や組合やフランチャイズの営業組織など数で勝負できていた企業体も、今日では、荷主様や元請け会社様からは品質の悪いドライバーの多さで信頼や信用面が欠如し、ドライバー品質の乱れがクローズアップされ、誤魔化しができずに営業的に淘汰され始めています。

自営業ドライバーはドライバーファーストという甘さを捨て、身近にいる配送ドライバー同士が荷主様ファーストの観点で責任ある業務情報を共有し、フリーランスや副業ではないプロの心構えなど、ハイレベルに配送ドライバー個々の接客応対や納品対応の能力が問われてきます。

この結果、個人事業主の軽貨物運送ドライバーの業務全般は「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。

▶︎捨ててならぬは義理

軽配送の事業で隠れざる大切な要素はドライバーは量より質という点だと考えられます。

ただし、配送ドライバーの職はどんなに能力があろうとも1日をフルに頑張っても人一人では一人分しか稼ぐことができません。

配送の仕事で稼げるのは配送ドライバーですが、儲かる、儲けるのはその配送ドライバーの使用人である軽配送の請負会社という図式です。

商売では儲けも稼ぎも大事です。しかしながら、個人事業主の配送ドライバーは労働で稼げても儲からない職であり、仕事をした分だけを稼げる仕事であることを心底で理解しなくてはなりません。

とどのつまり、多くの自営業ドライバーは割に合う合わないだとか請負している仕事の不平不満を語り、仕事の旨味だけを案件に追い求めてしまうようなドライバーになってしまうのが実態です。

ストレスに打ち勝ち、軽配送ドライバーとして実直に仕事で稼げるようになるには、未熟に不平不満を語ることではなく、新しいことを覚えながら瞬発力と柔軟性を磨き上げ、他人ではない自分の才覚で懸命に難しいことを打破するといった心意気が必要です。

そして義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者と仲間ドライバーの存在、メンターや指導者の存在も大切です。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーが活躍する時代へと必ず突入します。

千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者をフォローする
広告
ブログで千葉県の軽貨物配送専門シフタープロが語る!軽貨物運送の検証BLOG。
error:Content is protected !!