軽配送業界の現状と千葉で軽貨物ドライバーが働く姿勢、軽配送のワークシェアリングを考える。

千葉県で軽貨物ワークシェアリング 【軽貨物運送の検証ブログ】運送業

雇用緊急対応型ワークシェアリング

不景気などでリストラなどの可能性が高まったときに実施されるパターンです。従業員1人あたりの労働時間を一時的に減らして、会社での雇用を維持するときに発動されます。社内の稼働率を抑えるときに活用されやすいです。

多様就業促進型ワークシェアリング

社内の勤務形態の種類を増やして、1人でも多くの人に勤労機会を与えるパターンを指します。たとえば、フルタイム出勤のほかに「時短勤務」「午前中勤務」「パートタイマー」「テレワーク」など、複数種類のシフトを会社で提示するといった形です。

軽配送でもワークシェアリングの導入でスタッフの労働時間の短縮による意欲、モチベーションの増加や維持、業績向上期待できます。

個人でも企業でも、労働生産性が低いと、無駄な残業が蔓延するものです。

本当の話です。

ワークシェアリングで自分やチームの労働時間を削減して必要な仕事に特化できるような体制作りが大事です。

雇用枠増加や離職率低下、結果的に業績アップも期待できるでしょう。

優秀な人材の流出も防げるでしょう。

ワークシェアリングによって長時間労働が削減されるため、合間、余暇を家族と過ごすなど、自分自身としての活動時間に充てられます。

軽貨物ドライバーの仕事でも時間的な余裕は労働や生産性の向上が期待できます。

自分のペースで仕事ができる可能性が高くなるので、ワークシェアリングの成功によりプライベートと仕事両方で余裕が生まれると言われています。

仲間とスクラムを組むことは意外に大切なことです。自分勝手な軽貨物ドライバーが通用しないのも理由があるわけです。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!