愚痴ばかり言う軽貨物ドライバーの心理的特徴。

千葉県の軽貨物|独立開業

愚痴や不平不満を言えるほど評価されていないにも関わらず愚痴を言うことで周囲に自分を認めさせたい駄目なタイプの軽貨物ドライバー業者の心理。

愚痴るという形で自分は頑張っていると伝えたい人間。

この業界、駄目な業務請負の軽貨物ドライバーほど最近仕事が忙しくて眠れていないんだよと寝てないアピールを愚痴るのは有名。

腰が痛い、肩が痛い、腕が痛い、同業者と比較して努力も貢献もしていないのに軽貨物ドライバーの商売道具を意味する身体が疲れたアピールを間抜けに周囲へ愚痴る人間も駄目な業務請負の軽貨物ドライバーとして有名。

個人事業主や大人としても馬鹿なのか間抜けなのかは分からないが、寝れていない、腰が痛い、肩が痛い、腕が痛い、そんな誰しも当たり前のことで自分は頑張ってますアピールを周囲に愚痴る人間は自分がポンコツの軽貨物ドライバーだと言っているようなもの。

腐るほどいる軽貨物ドライバーの中から取捨選択される人気商売、わざわざ未熟さは周囲に露呈して口にすることではない。

仕事を愚痴るポンコツ人間が横並びの仕事社会で優先されることもない。寧ろ社会人として馬鹿にされるだけで共感など一切ない。

愚痴を言う側は自分が愚痴を言っていることにすら気が付いていない間抜けなパターンもあるが、周囲をネガティブで嫌な気分にもさせる愚痴る軽貨物ドライバーは自己中心でどんどん淘汰されていく人間でもある。

ヤング層ドライバーのような社会勉強や経験不足といった改善余地のある性質の愚痴ではなく、経験者のシニア層ドライバーが周囲のドライバーや関係者へ愚痴る行為をすれば8回ツーアウトで空振りワンストライクくらいの状態となる。

改善のチャンスはまだあるとしても人として働く意識改善を早急にしなければあとはもうない。

例えば、街中でタクシーに乗ったとき中高年の運転ドライバーが「いゃ〜全然寝る時間がないほど忙しんだよね〜」と雑談であろうと自分は頑張ってるアピールを客に口走った時点で「そんな危ない人間が運転するタクシーになんか乗れるか馬鹿!」で終わり。

error:Content is protected !!