プロの軽貨物ドライバー業者は貿易実務や国際物流など物流全体の知識をどの程度持ち合わせているのか。

千葉県の軽貨物|千葉のドライバー

しかしながら、クライアントである荷主や商社メーカーからの物流ニーズに企業として応えることができていても、所詮、部署や部門で働いているごく数名の社員スタッフや派遣スタッフが優秀なだけといえます。

大手企業は得意とする経営資源の、ヒト、モノ、カネ、情報をパワフルに持ち合わせていることでビジネスで勝ち抜く力を発揮するわけですが、その実態は一社の顧客に対して、倉庫担当も違いますし、通関担当も違いますし、国内担当も違いますし、海外担当違いますし、伝票担当も違いますし、配車担当も違いますし、経理担当も違いますし。事業軸でもエリア軸でも担当が違いますし、営業窓口も違いますし、勿論、配送の担当も違います。

どうしてみ各セクションごとで担当者の違いによるサービスのレベル差があります。

これに加え、物流業界は季節要因や景気の変動要因で集配する物量が変化するのが通例のことであり、物量が多い時期は外部委託で調整をしています。

そう、これが私たち委託で働く軽貨物ドライバーの現実的なニーズです。

業務委託の軽貨物ドライバーは日本経済の中で根本的に仕事の安定など未無に等しいということを肝に銘じておくべきなのです。

当然ながら荷主や商社メーカー側は自社製品の販売などの需要を正確に予想することが事業コストのコントロールに直結し、見誤れば利益が出にくくなります。

様々な事業経営や企業経営で難しいとされるのは需要の予測ですが、事業経営で重要なのも需要予測です。

私たち軽貨物ドライバー業者は自分が取引する荷主や商社メーカーの需要予測に確度があるのかないのかを見抜くことが自分の仕事を守る上で命題でもあります。

配送の仕事がキツいとか単価が安いとかそういうことを考えていてもナンセンスです。

取引相手のビジネスを知ることや取引相手のビジネス成長に貢献することを考えることが大切なのです。

error: Content is protected !!