受注ルートを持つ個人事業主軽貨物ドライバーと営業能力が発展途上の個人事業主軽貨物ドライバーの違いをブログで語る。

ドライバーの働き方と軽貨物 【軽貨物運送の検証ブログ】 千葉県の軽貨物|千葉のチャーター便

ただ、健康経営をしている小さな軽貨物ドライバー業者もありますので、自分で営業管理をせずに配送業務を配属会社から請けるだけで仕事をするタイプの場合、何を選択基準とするかは人それぞれですが、自身の身の丈に合った働き方ができる配属先を見つけることが無難となります。

ただ、個人事業主である以上、勘案からの考察はかなり大事なことで、仕事をすることで誰かに食べさせてもらう雇用ではなく、社員やバイト感覚でもなく、事業主として何をどうすればよいのかは自分で全部考えるしか方法はありません。

実際、個人事業主で仕事を探す人は仕事ができない人が多く、仕事が寄ってくる人は仕事のできる人が多いというのが現実です。

仕事もないのに独立開業していること自体がナンセンスな勝算の持ち主と言えます。または仕事があったのに仕事が無くなるような個人事業主もリスクマネジメントが弱かったり、何かしら問題を起こしたりなどもですが、自営で戦っている内容そのものに甘さがあるわけです。

要するに、あの人は仕事ができる、という評判がつかなければ、いつまでもインターネットや掲示板や求人サイトなどで誰かの食い残し案件の中から懸命に仕事を探し続けることになります。

軽貨物ドライバーは定期ドライバーのように毎日同じ現場で毎日同じルートで配送を何年続けてもスキルアップはできていません。できたつもりです。

軽配送という仕事の場合、何年間であろうと同じエリアやコースで経験を積み重ねてもプロでも何でもなく、ただ単に職場やその一つの仕事に慣れただけの偉そうなドライバーという状態です。

他の案件に切り替われば、単なる新入り一年生です。

個人事業主ドライバーにとって「仕事がうまくできる」と「納品がうまくできる」は別の意味があり、仕事ができるというのは納品ができるという単純な意味ではありません。

顧客優先主義、営業の意味、案件を受注をすることに関して度量の狭い単線思考にならない能力を持っているかどうかなのです。

おおらかさ、センスと度量、そういったことで、荷主様は初めて仕事を任せられるわけです。

あれできる、これできない、やる理由、やらない理由を悩んで悩んで決めるのではなく、まずはそれをやって実行や行動をすることで、稼ぐお金以外でその先に何を得られるか見抜くことです。

error: Content is protected !!