軽貨物配送は仕事案件を探すのではなく、荷主様がどういった納品をして欲しいと思っているのかを直感しなければならない。

夜間配送対応ドライバー 【軽貨物運送の検証ブログ】独立開業

こういったポリシーを持つ中では、配送をご依頼いただくお客様や取引関係者にセールストークをする際、お客様の需要と自身の供給がバランスしなければピントの外れた営業上のトークスクリプトになり、劇的な成果や成長は見込めないとも考えています。

ただ、私の場合は輸入貿易やメーカー荷主の立場でモノを使った技術を日本全国に普及啓発させていく仕事経験が長かったことも関係してか、業界のニューノーマルを顧客に提案することや新たな取り組みをすることに疲れは感じません。

軽貨物配送事業でも、できること、できないこと、をターゲットにうまく明確に伝えることが先決となりますが、軽貨物配送という仕事はサービスや料金が荷主のお客様と食い違いが出やすい業態と言えます。

軽配送事業そのもので伝えたいことが荷主様にとってメリットが感じられない限り、思うような結果は出せません。

また、どっちを向いて商売をしているのかわからないレベルの運賃ピンハネの軽貨物配送会社が謳うドライバーファーストという甘い考えは私たちは一切持たずが原則です。

常日頃から荷主様ファーストの姿勢を事業全体ビジョンから各ドライバーの意識まできちんと鍛えておく必要もありますが、軽貨物ドライバーの多くは個人事業主の業務請負で仕事をしています。

ただ、実際の働き方は個人事業主など名ばかりで、営業は配属会社や人任せ、歩合制の派遣ドライバーのような働き方になってしまっているドライバーも巷では多そうです。

全てを踏まえ、身の丈に合った営業こそがスマートに結果を出していけるコツとなるわけですが、需要と供給を口で言うのは簡単ですが、ヒト・モノ・カネが潤沢にない事業環境でステップアップするのは簡単なことではありません。

そう、考えることが大事になる訳です。

反響営業、新規開拓営業、営業が不向きな人は仕事案件を探そうとしますが、求職ではないのでそれを続けても自営や運営のチカラは養えません。

千葉県の軽貨物は日本シフター産業シフタープロ軽貨物便の専用フォームメール、電話09044382204、ファックス0474037670、メールorder@shifter-japan.com、までご依頼ください。都内、埼玉県、神奈川県の軽貨物チャーター配送も常時承っております。

専用フォームメール

お名前
フリガナ
会社名
メール
電話番号
住所
相談内容
詳細入力

※は必須事項です。

 

独立開業
シフタープロ軽貨物ブログをシェア
千葉県の軽貨物配送専門店が語る!軽貨物運送検証ブログ
千葉県での緊急配送の受付
error:Content is protected !!