ニッチな軽貨物配送の狭い業界での法人営業と個人営業の手法を考える。

千葉県の軽貨物 運送業ランキング 千葉県のチャーター便ならシフタープロ 千葉県の軽貨物|千葉のチャーター便

営業に特別な才能は必要ないでしょう。世の中、お客様に対して一生懸命にサービスする人が嫌な思いをしてはなりません。最も利益を得る人間になるはずです。

営業の基礎知識がない環境で、正攻法で営業を勝負するため、自分流で正しいと思い描いて修正してきた営業戦略を、中小企業庁が主催する国際フォーラムでは数千人が集まる中でビジネスモデルとして発表したり、民間企業の取引先でも営業マンを数十名集めた商品勉強会や営業会議で商品説明や商品デモまで様々な営業の経験をしてきました。

今の時代みたいに、インターネットで物を売るとか、せどりとか、SNSで仕事の募集するとか、簡素化された営業風の類いではありません。所謂、営業職という立場での営業展開です。

私の場合、俗に言うサラリーマンで営業職だけをしていればよいという立場ではなかったので、荒削りをせざるを得ない自分流で営業の意義を長い期間で覚えることとなりましたが、今、個人営業する軽貨物ドライバーは配達や配送を毎日しながら同時進行で営業を試みることも大切なことだと思います。

自分だけが生き残ろうとか、自分だけが良い仕事案件を得ようとする意図ではダメです。

お客様から頂く評価は本当に嬉しいことであり、営業者へのカンフル剤でもあります。

営業とはその必要性が頭で分かっていても社会にでて5年や10年くらいの経験ではなかなか格好がつかないのも事実です。

先輩には先輩がいて、企業の営業スタイルには引き継がれたイデオロギーがあるものです。

ヤング層は致し方なく、覚えたてのことを正論化して頭デッカチな営業をしつつ、人脈をも履き違え、知り合いの知り合い探しが営業になってしまう人も居ます。

それは営業と言えません。

知り合いや仲間へ物を売ったり役務をするくらいならば、それは無償でやるべき仕事と捉える方が無難なことも多々あります。

営業に変な癖はつけてはいけません。

error: Content is protected !!