千葉県

チャーター便

軽貨物運送業の運賃表は実勢価格とかけ離れているので業務請負ドライバーの運賃表はあって無いようなものである。

軽貨物運送業の運賃表は実勢価格とかけ離れている。名のある会社、名のある商品、誰もが知っているような大手企業の配送案件であればあるほど末端の個人事業主ド ➡︎➡︎➡︎ この記事を読む。
チャーター便

軽貨物運送で売上収入を増やしたいならば成果を出す前にやるべき事がある。

軽貨物運送の事業展開を準備している中で事業方針やビジネスモデルの時代変化へのフィット感を検証していると、個人事業主の軽貨物ドライバーは間違った方向に注 ➡︎➡︎➡︎ この記事を読む。
軽貨物

経験を重ねて自発的に配送スキルを学び直そうとしない軽貨物ドライバーの稼ぎは成長はない。

結局のところ、軽貨物ドライバー職であれ、一般企業のサラリーマン職であれ、自発的な経験で仕事を学ぶ意識が他人より低ければ、お金やスキルや名誉を他人より多 ➡︎➡︎➡︎ この記事を読む。
チャーター便

軽貨物ドライバーが仕事で失敗しない究極のノウハウは報告と連絡と相談の必要性を認識しておくこと。

報告と連絡と相談ができない人は軽貨物ドライバーになる資格は無い。報告と連絡と相談ができることが軽貨物ドライバーになれる条件である。報告と連絡と ➡︎➡︎➡︎ この記事を読む。
軽貨物

軽貨物運送業は集団心理に麻痺しているタイプの業務委託ドライバーはいつまでも成長しない。

本気で軽貨物運送業ドライバーの仕事を考えながら毎日の配送業務を多忙にこなしている配送業者が「遠く」に見ているもの、集団心理に撒き込まれずに先を見据える ➡︎➡︎➡︎ この記事を読む。
業務委託

信頼感が足りない軽貨物運送業ドライバーの資質の悪さは口の軽さでジャッジされる。

守秘義務が絶対的な原則である業務請負の軽貨物運送業ドライバーは、口の軽い軽貨物ドライバーが身近にいるとそこそこ立場は危険である。業務請負という守秘義務 ➡︎➡︎➡︎ この記事を読む。
チャーター便

軽貨物配送ドライバーの仕事は自分自身の経験がとても大事。単一の配送業務を長年やっていても技能レベルは低いまま。

軽貨物ドライバーとしての技能レベルは年数ではなく、軽貨物配送の仕事を、配送の種類ごとで経験を積み上げ、どの地区で経験があるのか、どの時間帯で経験がある ➡︎➡︎➡︎ この記事を読む。
独立開業

失敗する考えの個人事業主軽貨物ドライバーによる法人成り。法人化そのものが不満足な結果に終わる理由。

個人事業主の軽貨物ドライバーによる法人成りの失敗は、そもそも、仕事能力しかなく、経営能力のない人間が個人事業の延長線上で経営を試みるだけでは事業展開に ➡︎➡︎➡︎ この記事を読む。
個人事業主

軽貨物運送業ドライバーが売上を増やすための個人事業から、資金を増やすための個人事業へシフトアップするための働き方。

都合よく利用され、これでは稼げない、と軽貨物運送業の業務請負で感じるようでは、価値の低い軽貨物ドライバー業者と見做される、見做されている、だけである。 ➡︎➡︎➡︎ この記事を読む。
業務委託

軽貨物運送の分野で成立するビジネス思考を個人事業で持続化させるために軽貨物ドライバーが犠牲にするものとは。

ビジネス思考の持続化を個人の軽貨物ドライバーはどう考えるべきか。 「個人営業はそこ大事だぞ」と教えることをしない法人格の軽貨物配送会社が目立ちます。 ➡︎➡︎➡︎ この記事を読む。
error:Content is protected !!