ドライバー

チャーター便

損して徳とれ。お金の損得ではない軽貨物ドライバー業者の実直な仕事っぷりの格好良さ。

個人営業の軽貨物ドライバー業者は何かしら大手企業ではできないような軽配送サービスの提供に取り組んでいるのか。個性を活かし、得ではない徳を獲る稼働ができているのか。 ストーリーのない人などいない。 本当なら今頃、軽貨物車の椅 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
軽貨物

軽貨物の開業で鉄則の心構えである、松のことは松に習え、竹のことは竹に習え、ができない軽貨物ドライバーはうまく稼げない。

軽貨物配送の仕事上で何かを知りたいとき、手っ取り早い確実な方法は「現役」の軽配送ドライバーに知りたいことを謙虚に「直接」聞くことだが、絶対に、自分都合で解釈して聞き入れる情報を捻じ曲げて知り得てはならない。 仕事のできない業務委 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

軽貨物運送で無礼は許さない。礼儀ひとつ侮るなかれ、成功体験を積み重ね、新たな配送ニーズの受注に挑む。

私服みたいなボロ着の服装や汚い運動靴で軽貨物配送の仕事をしている無礼な業務委託の軽貨物配送ドライバー配達員を街中で見かけると虫唾が走る。 人の振り見て我が振り直せ。 千葉県で軽貨物配送事業の展開を一つ一つ準備する中、街中で ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

プロの極みが貧乏暇なしでは駄目。軽貨物ドライバー業者のスモールビジネスは出るものを抑えて入るものを増やす姿勢が鉄則。

軽貨物ドライバー業者として継続的な発展と成長を考えた行動をするならば、零細企業の軽配送会社も個人事業主ドライバー業者も、出るものを抑えて入るものを増やすという基本を守るしか無い。 過剰なものは無駄。過剰になると無駄が増える。無駄 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

軽貨物ドライバー冥利に尽きる仕事に感謝し、個人事業主だからこそ悔いの残らない仕事っぷりで新しい実績を積み重ねて勝算を握る。

仕事に感謝しながら仕事冥利に尽きると感じる軽貨物配送の案件は刹那でも幸せなこと。1人の配送ドライバー業者として、誰に褒められることでもなく、どれだけ頑張っても運賃が同じであろうと、賢明に仕事ができているならば配送ドライバー業者とし ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

努力の継続だけでなく、忘れるチカラを身に付けてメンタルを鍛えることも個人事業主の軽貨物ドライバーにとっては大事なこと。

本職の個人事業主軽貨物ドライバーは、もっと、ビジネスセンスに磨きをかけられるはず。法人であろうと個人であろうと1日は24時間。個人事業だからこそ営業の仕組み化と配送業務の仕組み化を考えながら参加し合い、1日24時間の中で実稼働時間 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
チャーター便

軽貨物運送業の運賃表は実勢価格とかけ離れている。業務請負ドライバーの運賃表はあって無いようなもの。

軽貨物運送業の運賃表は実勢価格とかけ離れている。名のある会社、名のある商品、誰もが知っているような大手企業の配送案件であればあるほど末端の個人事業主ドライバーは仕事安泰という結果にはならない。 薄利の商品なのか、薄利多売の商品を ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
業務委託

勝負はまだまだこれから。自重して才能を大事に使える独立系の軽貨物ドライバーには余裕がある。

自重、自らを重んじること。女性や男性など性別を問わず、年齢も問わず、個人事業主軽貨物ドライバーは自分の品性を保ち、卑下しないこと。言動を慎んで、軽はずみなことをしないこと。自分の健康に注意をし、身体を大切にすること。これらはお金と ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
チャーター便

軽貨物運送で売上収入を増やしたいならば成果を出す前にやるべき事がある。

軽貨物運送の事業展開を準備している中で事業方針やビジネスモデルの時代変化へのフィット感を検証していると、個人事業主の軽貨物ドライバーは間違った方向に注がれているエネルギーがやたらと多いことに気がつく。 そもそもスモールビジネスで ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
軽貨物

経験を重ねて自発的に配送スキルを学び直そうとしない軽貨物ドライバーの稼ぎは成長はない。

結局のところ、軽貨物ドライバー職であれ、一般企業のサラリーマン職であれ、自発的な経験で仕事を学ぶ意識が他人より低ければ、お金やスキルや名誉を他人より多く稼げることはない。 大手企業の事業であれ、零細企業や個人の事業であれ、生き物 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
チャーター便

軽貨物ドライバーが仕事で失敗しない究極のノウハウは報告と連絡と相談の必要性を認識しておくこと。

報告と連絡と相談ができない人は軽貨物ドライバーになる資格は無い。報告と連絡と相談ができることが軽貨物ドライバーになれる条件である。報告と連絡と相談をタイミングよくできる能力こそ軽貨物ドライバーの実力とも言えます。 配送の ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
軽貨物

軽貨物運送業は集団心理に麻痺しているタイプの業務委託ドライバーはいつまでも成長しない。

本気で軽貨物運送業ドライバーの仕事を考えながら毎日の配送業務を多忙にこなしている配送業者が「遠く」に見ているもの、集団心理に撒き込まれずに先を見据える動きとは。 ハッキリ言って「本気」で軽貨物運送業の仕事を考えながら個人事業主で ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
業務委託

信頼感が足りない軽貨物運送業ドライバーの資質の悪さは口の軽さでジャッジされる。

守秘義務が絶対的な原則である業務請負の軽貨物運送業ドライバーは、口の軽い軽貨物ドライバーが身近にいるとそこそこ立場は危険である。業務請負という守秘義務を抱える軽貨物配送の仕事で口の堅さは信頼できるドライバーの証となる。 個人事業 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
チャーター便

軽貨物配送ドライバーの仕事は自分自身の経験がとても大事。単一の配送業務を長年やっていても技能レベルは低いまま。

軽貨物ドライバーとしての技能レベルは年数ではなく、軽貨物配送の仕事を、配送の種類ごとで経験を積み上げ、どの地区で経験があるのか、どの時間帯で経験があるのか、どんな荷物で経験があるのか、で実力が決まります。 軽貨物ドライバーの職は ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

失敗する考えの個人事業主軽貨物ドライバーによる法人成り。法人化そのものが不満足な結果に終わる理由。

個人事業主の軽貨物ドライバーによる法人成りの失敗は、そもそも、仕事能力しかなく、経営能力のない人間が個人事業の延長線上で経営を試みるだけでは事業展開に大きな期待ができないからである。 個人事業主から法人成りをして法人格で軽配送事 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

軽貨物運送業ドライバーが売上を増やすための個人事業から、資金を増やすための個人事業へシフトアップするための働き方。

都合よく利用され、これでは稼げない、と軽貨物運送業の業務請負で感じるようでは、価値の低い軽貨物ドライバー業者と見做される、見做されている、だけである。 本意ではない憶測をどう考えるか。 軽貨物運送業の仕事でモチベーションの ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
業務委託

軽貨物運送の分野で成立するビジネス思考を個人事業で持続化させるために軽貨物ドライバーが犠牲にするものとは。

ビジネス思考の持続化を個人の軽貨物ドライバーはどう考えるべきか。 「個人営業はそこ大事だぞ」と教えることをしない法人格の軽貨物配送会社が目立ちます。 軽配送でお金を稼ぐ営業ノウハウを契約している個人営業ドライバーに教えてい ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

自分自身では営業ができない業務請負の軽貨物ドライバーが起業して成功する為に必要なこと。

個人事業主の業務委託軽貨物ドライバーの大半が営業行動が不得意です。そのためターゲット顧客を明確にできず、労働することでお金はそこそこ稼げたとしても、月日年月の時間は無駄に浪費している。 業務委託軽貨物ドライバーの仕事環境は孤独と ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

個人経営の軽貨物ドライバーで成功するためのポイントは、信用ではなく、取引関係者との信頼関係の樹立である。

法人格の軽貨物運送会社は営業力の乏しい個人事業主ドライバーを従順に言いなりにし、その場凌ぎで働かせて労働運賃からピンハネするだけで肝心な営業力の築き上げ方や営業ノウハウは、教育をしない、教育はできない。 どうせやるならしっかりと ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

独立系の軽貨物ドライバーが強みを最大限に発揮するために自営する不死身力をブログで語る。

独立系の軽貨物ドライバーさんの中でも上手に稼いでいる人と苦戦している人がいます。苦戦している人の原因はまさにそのドライバーさんの人間性である。 安定した収入をとるか、リスクをとって高収入を得るか。 経験者ドライバーに人気が ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
配送の問い合わせ
error:Content is protected !!