マルチタスクが苦手で自分業務優先の軽貨物ドライバーには信用も成長もない。

千葉県で軽貨物の車検整備 【軽貨物運送の検証ブログ】個人事業主

軽貨物配送会社に配属して仕事斡旋をされていようとも配属先から仕事待ちや指示待ちに徹するのではなく、配属先へ自分の成長をアピールし、あれをやってみたい、こうしてみたい、などと自己成長に合わせて業務請負の希望を積極的に更新させて自走の舵取りに注力するべきと考える。

友達作りと履き違え、仕事現場でフランクにいい顔を見せて信頼を分散させるのではなく、信頼は配属先とクライアントに寄せていき、仲間ではなく配属先とクライアントに貢献し、稼ぎを固めていくことで健康経営の安定性を図ること大事だ。

個人事業主ドライバーは社員ドライバーではない。配送現場の仲間や同僚からの信頼ではなく、クライアントと配属先に自分という人物をどれだけ信頼してもらえるかだけを考えておけばよい。

業務請負という仕事でペナルティを受けたドライバーは現行の配送現場に出入り禁止となるのは当然のことだが、配属の会社や同じ会社に配属して稼働しているドライバーにまで1人のドライバーの責任問題が飛び火し、全体が出入り禁止となるという話も度々聞く。

自分は悪くないという言い訳は通用しない。起因を問われる。

仕事や事業では年齢や性別も問わず、差別なく、軽貨物ドライバー同士は独立して尊重しあい、親しき仲にも礼儀ありを重んじる付き合いが基本中のキホンであるが、堕落した人間がいるとこれはこれで類は友を呼ぶ。

業務請負の軽貨物ドライバーが担当する配送業務は個々の裁量により業務遂行をするわけだが、いい歳をして仕事上のミスを荷主様や荷受人様の責にする人物や自分のミスを反省を口にもせず、自己優先の思考を持っている業務委託の軽貨物ドライバーには、まさに、塗る薬がない。

どんな職でも仕事の力量はマルチタスクへの順応だが、報連相を優先した上で、担当業務を一つ一つ対処するべき順番に整え直し、業務を遂行することができない自分仕事優先の軽貨物ドライバーは質が悪い。

そもそも、質の悪いドライバーは現場での相性ではなくどこの現場でも同じクレームを繰り返すため、仕事が自分のためにあるものだと勘違いしているパターンの人間であることが多い。

軽貨物ドライバーに限らずにサラリーマンでも質の悪さは共通のことだろう。

私個人、千葉県や近県で軽貨物配送のことを色々と検証をしながら有り難く配送の仕事をしていると、つくづく、忙しい軽貨物ドライバーほど連絡のレスポンスが早いと感じることがある。

反面、ダラダラと身勝手な解釈で仕事をすすめるタイプのドライバーは連絡のレスポンスすらが遅い。

個人事業主の軽貨物ドライバーになるような人に能力や才覚を期待するべきかは微妙なことではあるが、私が地元でお世話になっている軽貨物配送会社の方の場合、私が言うのは烏滸がましいが、いつ何時もレスポンスも安定的に早く、最優先された報連相の徹底、個人業務はマルチタスクで優先順位を整頓、一般企業の職でも通用するであろう優秀な人物がいるのも事実であり、意識すれば軽貨物ドライバーの職であろうとも関係はない。

やればできるわけである。

報連相を疎かにさえしなければ作業をいくつか抱えているときにミスが起こりやすくなるのを未然に防げるのは当然のこと。

明らかに、多忙で稼ぐ個人事業主ドライバーは報連相の徹底が基本である。

忙しいときほど報連相を最優先し、自分の担当業務はシングルタスクに分けて臨機応変に対応していく仕事センスを磨かなくてはならない。

初心忘れるべからず。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!