千葉県で軽配送業者が協力関係を築く条件、腰を据えた地元密着型の軽貨物運送業者は素晴らしい。

千葉の軽貨物ベンダーとプロパー 【軽貨物運送の検証ブログ】千葉県の軽貨物|独立開業

良し悪しは別として、個々の業界では強い立場が弱い立場を服従させる世の中です。その順応力を精神的に負荷かけず学んでいくことが末端ドライバーとして優先事項でしょう。

さらに、軽配送のドライバーは経済の末端にある納品という仕事ですので、商流もあり、縦でも横でも嘘や誤魔化が多く、頑張りの裏腹で嫌な気分にもなります。

強い意識を持ち、強く仕事を学び、トレーニングの時間も作りながら、低俗な人は踏みつけて歩けるくらいのスタンスで生き抜いていく気持ちも大事です。

軽貨物の請け負い仕事案件では、プロパー風で(正社員のように)仕事することもあり、ベンダー風(協力会社の社員のように)で仕事をすることもあります。

仕事を履き違え、身勝手に料金の割にあう仕事ばかりを求める軽貨物ドライバーもいますが、紳士的なミドル層やシニア層の方みたいに個人事業主ドライバーは年齢問わずに自分の立場をわきまえ、業務遂行しなくてはなりません。

  • 仕事を選ぶ我儘な軽貨物ドライバー。
  • 案件の料金やお金の勘定ばかり口に出す軽貨物ドライバー。
  • 嘘をつく軽貨物ドライバー。
  • 他人の人間関係を利用する軽貨物ドライバー。
  • 自分のやってる仕事が会社の仕事であることを理解しない軽貨物ドライバー。
  • 同じ失敗や遅刻を繰り返す軽貨物ドライバー。
  • 副業で軽貨物の仕事をしているドライバー。

これらはベンダードライバーの特徴です。どこの業種にもこういったタイプは居ますが、腰を据えずに職をコロコロ変えていたり、口だけなので徐々にメッキが剥がれるタイプと言えます。

こういった軽ドライバーは、なかなか顧客からの信用度は自ずと低いのが現実です。

軽貨物ドライバーの中にはプロパー以上にその事業全体を見回し、その事業全体のために貢献できるような人もいます。

error:Content is protected !!