勝算の大きい作戦で実績を積み上げている業務請負の軽貨物ドライバー業者とそうではない軽貨物ドライバーの微妙な違い。

千葉県の軽貨物|千葉のチャーター便

私たち軽貨物配送ドライバーのお金の稼ぎで源でもある運賃コストを捻出して頂いている荷主企業やクライアントと信頼関係が成り立っていない配送案件に関わってしまうと、自分に都合よく解釈したがる身勝手な軽貨物ドライバーのように期待とは裏腹で委託の軽貨物ドライバーは悲惨な使い捨て状態となります。

更に、情報共有だとか仲間だとか聞こえの良いことを語って営業弱者で零細企業の軽配送会社が群がっているケースも業界内では見受けられますが、これらのような互助会の感覚や営業弱者同士の仲間意識を持ってしまうとスモールビジネスでの事業は勝算すらが描けません。

また、この業界では知り合いレベルの軽貨物ドライバーをネットワークだとか言いながら誇大に台数規模を妙に大きく見せたがる軽貨物配送の似非ネットワークもある始末です。

結局は、個人事業で働く軽貨物ドライバーはどうやって仕事を安定させるかなのです。

安定することを考えると成長が鈍るなどと語る人もいますが、仕事の現実は綺麗事ではなく、末端で働く委託の軽貨物ドライバーは安定こそが成長です。

個人事業は会社経営とは異なり、安定こそが衰退を防ぐ術と言えます。

もちろん、事業や経営の成長にはヒト、モノ、カネ、そして情報といった経営資源の大きさがポイントになりますが、個人事業は背伸びせず実直さが常に求められるわけです。

  • 時間を注ぎ込むべきか。

私たちが集配している商品も同様、物が売れて物が動くビジネスの世界は凄まじい競争の社会です。

私たちが集配している商品のメーカー側ではそういった競争社会でビジネスをしています。

そして、軽貨物ドライバーの仕事は24時間365日ずっと止まらない物流の世界で仕事をしていることも忘れてはいけません。

仕事ニーズに働き方を寄せていきながらドライバーとして時間の切り売りをすることによりお金を稼ぐわけですが、軽貨物配送の業務はイレギュラーな出来事もあり、普段通りに集配ができないといったことも日常茶飯事です。

error: Content is protected !!