仕事をお探しの方へ

仕事をお探しの方へ

シフタープロ軽貨物便では千葉県内を軸として一緒に安定して働ける業務請負契約ドライバーを若干名募集しています。夜だけや土日だけのダブルワークや未経験者も歓迎しています。

当店に契約の加盟ドライバーさんにお仕事を発注する業務請負方式です。

業務で使用する車両はレンタルも受付しています。レンタル車両はご自宅等で駐車場をお持ちの場合には担当業務の直行直帰で使用できます。

レンタル料金と車両保険料は毎月稼働された業務請負の売上からお支払いいただく方式なのでお仕事を開始される際に大きな初期投資のお金は必要ありません。加盟金や保証金も必要ありません。

ご自身で業務用の黒ナンバー軽貨物車の持ち込みでもお仕事は可能です。依頼させていただく仕事案件によっては冷蔵庫限定や幌車限定といったケースもありますのでプライベートで使いやすいという思いで軽バン車両を購入されると仕事案件が限られてしまうのでご留意ください。

全てはこれからです。色々な諸事情があって明日からでも直ぐ稼ぎたいという方、現在働いている業種の仕事で収入面や待遇や職場環境でお悩みの方、高卒や大卒の学歴がなく転職や再就職での仕事探しに不安のある方、仕事履歴書を書ける内容に自信のない方、仕事人生を挽回する決意を考え始めた方、シフタープロでの軽貨物ドライバー業務請負で仕事人生を挽回できるチャンスはあります。

ドライバーさんの売上収入は働く日数と昼型や夜型での稼働でも差がありますが月20万円から70万円ほどになる配送業務を安定して組んでいきます。

当店は他店とは異なる非宅配の軽貨物運送業者です。ネット通販の宅配便などのように1日100件や200件などを配送するような業務ではありません。主な業務は決められた時間に決められた納品先へ商品や荷物を集荷配送する定期業務と一件集荷一件納品のスポット業務がメインとなります。

シフタープロでは求職側と求人側がこんな筈ではなかったという残念な想いになることは事業上でゼロ化したいと常に考えており、可能な限り採用ミスマッチを防ぐために軽貨物ドライバーとして成功が安定する道筋を良い部分も悪い部分も細かく解説しています。

シフタープロは宅配便の下請け業者ではありません。宅配大手にぶら下がっている下請け軽貨物業者ではなく自らの営業と責任稼働で元請け業者として荷主企業のお客様に軽トラックでのチャーター輸送サービスを直接提供しています。

ダブルワークで夜中だけ週に曜日を決めて毎月で数日だけ働きたいという方も募集しています。一般的な時給換算バイトと比較すると効率的にお金を稼ぐことも可能です。

肝心な仕事経験ですが配送の仕事は未経験でも問題はありません。私たちで稼働中の担当ドライバー同行による研修も受付しています。仕事の基礎は数日で覚えることは可能です。

フル稼働で高収入を目指す場合はステップアップで段階的に、きちんと3ヶ月頑張れば、きちんと半年頑張れば、きちんと1年頑張れば、という流れで実力を身につけて仕事人生回復への道筋ができあがります。

運転免許証をお持ちであればあとは採用に3つの条件があります。

  1. 人並みの健康体である。
  2. 報告連絡相談を怠らない。
  3. 言葉遣いをきちんとできる。

当店でのドライバー採用条件は学歴や年齢や性別を問いません。業務請負の仕事で沢山のお金を稼ぎたい方は自分の条件を言えば言うほど仕事ニーズから遠ざかってしまいます。仕事ニーズに働き方を寄せていく努力そのものがお金の稼ぎと信頼の稼ぎを増やす上で重要な課題です。

自営業や個人事業主という立場はサラリーマンではありません。寝坊した、肩が痛い、腰が痛い、などを口にする人には優先して仕事を依頼することはできません。人様の大切な荷物を一時的に預かって配送する仕事ですので個人事業主ドライバーとして成功するにはサラリーマン感覚を脱ぎ去って一つ一つ信頼を自分から積み重ねていく姿勢が大切です。

現実的な話、軽貨物ドライバーの業務請負で働いていくと我が国の平均年収を超えるお金を稼げるようになります。しかしながら最初から無茶をしてガツガツとする働き方はシフタープロではお勧めしません。本末転倒、無茶をすると事故やミスやモチベーション低下につながる可能性が高いからです。

業務請負の仕事は目先のお金だけでなく継続と安定と成長につなげることが大事です。仕事耐性が早期にできあがるよう私たちは持っている稼働ノウハウで成長と成功をバックアップします。

軽貨物運送業の業務請負で親事業者と下請事業者は使用者と従業員の関係に立つわけではなく平等な立場や平等な考えを持って共に発展することが求められます。

軽貨物ドライバーとしてお金を安定して稼ぐコツや仕事体験をして収入希望額や稼働曜日プラン等の面談説明も随時受付しています。気軽にご相談ください。

シフタープロでは業務用軽貨物車の黒ナンバー登録代行や車両整備受付も随時受付しています。軽貨物運送業の新規開業もサポートしています。

軽貨物運送業はスモールビジネスです。グループではなく商機をワンチームで手に入れてドライバー各自がワンチームで仕事を丁寧に守ることに尽力して稼働し、社内外の取引関係に不義理や裏切りが生じさず、皆が背伸びをしない仕事モチベーションと仕事環境の維持が大切だとシフタープロは考えます。

軽貨物運送業ドライバーの業務請負は誰かにやらされる仕事ではありません。

業務請負方式のメリットでもありますが自ら手を挙げて寝る時間を削ってでも一歩前に出て新しい案件の研修を受けながら自ら忙しく働いて思う存分にお金と信頼を稼ぐ職です。

需要に働き方をフィットさせることがより多くのお金を稼ぐノウハウの一つですが個人事業主ドライバーの弱点は個人という脆弱性です。

どんなに優秀な軽貨物ドライバーであろうとも、車が壊れると、自分が倒れると、請負仕事の補完ができないという点がお客様側にとって明らかな不安要素です。要するに車と身体が商売道具の仕事ですので大切にしなければなりません。

どんなに熟練度の高い軽貨物ドライバーでもビギナーでも昨日と今日はパーフェクトに元気いっぱいだったとしても明日も元気である保証はどこにもありません。

車両の予備車を用意したり業務上での追加業務や緊急時に代走者をワンチームで用意できるといった責任稼働の管理も仕事を守る策の一つとなります。

私たちは突然の車両故障による業務不履行や契約不履行や約束不履行となる潜在リスクを抱えています。使用車両が新車だから大丈夫という話でもなく車の日常点検も各ドライバーの義務です。

個人事業主ドライバーは会社に雇用されたドライバーよりも自由度のある働き方が可能です。しかしながら個人事業のリスクや自営業としての心構えも仕事関係者と相互に責任稼働対策を練るなども重要な課題となってきます。

継続力は才能です。才能を磨くのは継続でしかありません。

軽貨物運送業者としての信頼度は企業規模や会社看板の知名度やドライバー人数の多さではありません。配送現場で働くドライバー当人の信頼感が何よりも先です。

軽貨物ドライバーは業務上で最も大切なことは報告と連絡と相談ができることと約束不履行をしないことです。

健康であり、身だしなみをきちんとでき、日本語の言葉使いをきちんとでき、報連相をきちんとできる人であれば学歴や職歴も問いません。

配送は完全にアナログな仕事です。

人としての安心感や信頼度が重要な職と言えますが軽貨物ドライバーという職業はプロフェッショナルである必要性はどこにもありません。自分でやると決めた請負仕事を責任を持ってきちんとやるだけのことです。

シフタープロでは今現在の人間性を重視して信頼感そのものを過去の偏見なく採用基準としています。

数ヶ月で直ぐ辞める方、技能や実力がないのに仕事を選ぶ方、好きなときだけ働いてお金を稼ごうとする方、実績もないの好条件を求め過ぎる方、このように個人事業主による業務請負の基本的なことを理解せずプロ意識の欠如した方はミスマッチになるためドライバー採用をお断りしています。

活き活きと仕事をしながらお金とスキルを稼ごうとするやる気は短期ではなく中長期での維持が大切なことです。

仕事ニーズに働き方を最大限に寄せることの大切さを理解して自己中心の考えは一銭にもならないことを認識しなくてはなりません。

  • 休みを充実させたい。
  • 短距離の配送がいい。
  • 長距離の配送がいい。
  • 土日祝は休みがいい。
  • 副業で緩く働きたい。
  • 軽い荷物だけがいい。

あくまで例ですがこれらのように希望を抱くのは悪いことではないですがドライバー側の都合をいくつも出すようではお金を多く稼げません。

自営業と自由業は異なります。

新人ドライバーや新入りドライバーは最初の3ヶ月間が仕事耐性の基準となります。それをクリアできれば中長期で女性や男性でも年齢も問わずにうまく働いていけることでしょう。

また、仕事ニーズがある必要なときに柔軟に積極稼働できるかどうかが成長の勝負が決まってきます。高収入は誰しも魅力なことですが、その人にとって何をもって高水準な収入と言えるのか、どういった働き方ならば高水準で割りに合うと言えるのか、それは人それぞれです。

地道な頑張りが荷主様や取引先に認められて自分にとって割の良い仕事や俗に言う美味しい仕事が任されるようになっていく世界です。

軽貨物ドライバーが稼ぐ原資の送料はあくまで労働の対価であり、それ以上やそれ以下はなく、今日の努力や頑張りは翌日にはリセットされる世界です。

個人事業主ドライバーが払う税金は4種類です。意識すべき大切なことですが、所得税、消費税、住民税、個人事業税です。雇用されるサラリーマンのような年末調整ではなく個人事業主は確定申告を自らする必要があります。

消費税は年間の課税売上高が1,000万円以下なら免除です。個人事業税は1年間営業した場合は290万円の控除があります。税のことはやりながら覚えるしかありませんが家計簿レベルでも十分なのでレシートの管理などは疎かにしてはいけません。

働けば働いた分だけ稼げるではなく、休んだら休んだ分だけ稼ぎが減ると認識すべきでしょう。

100人の軽貨物ドライバーがいればその100人のベテランもビギナーも1人1人が自分だけが優先されたいと思っていますので人よりも上手に稼ぐには逆算も必要となります。稼ぐセンスです。

私たちシフタープロがドライバー採用基準で大切にしているのは目的意識に貫かれた人間の集まりであることとグループワークとチームワークの最終目標へ到達するためにベストの行動をとれる人間の集まりであることを行動規範としてドライバー募集をしています。
ふわふわしたフリーランス軽貨物ドライバー集団ではなく配属会社にぶら下がるだけの軽貨物ドライバーでもなく地に足をつける個人事業主の軽貨物ドライバー各自が成熟することを最終目標に掲げる温度感を持って、お金を稼ぎながらスキルアップを目指し、業務請負の配送ドライバーとして荷主企業様や元請け会社などクライアントの緊急度や重要度といった空気感を読める人間になることが売上収入を安定させる上で大切なニーズだと浸透した軽貨物ドライバー集団を目指しています。
  • 黒ナンバー軽バンの貸出
  • 黒ナンバー冷蔵車の貸出
  • 黒ナンバー冷凍車の貸出
  • 持ち込み車両の車検受付
  • 持ち込み車両の修理受付
  • 持ち込み車両の整備受付
  • 営業用パンフレットの作成
  • 営業用名刺の作成
  • 営業用ステッカーの作成
  • 仕事案件の斡旋
  • 仕事案件の紹介
  • 仕事案件のシェア稼働
  • 倉庫スペース貸し出し
  • 倉庫での私物仮置き
  • 倉庫での軽作業

一般企業で雇用される働き方と同様に個人事業主の業務請負であろうとも自分の利益のことだけでなく取引関係会社の成長に貢献したり、志や思想を育て、個人事業主であるならば自身の目標通りに自立営業して稼げるようになるまで修行期間も必要です。

強い志と思想が大事です。

日本シフター産業のシフタープロ軽貨物便は特定の組合やフランチャイズには一切属さない独立系で自在に営業する軽貨物運送業者として展開しております。

身体、神経、精神、この3つのストレス感覚と稼働率のバランスを考えて仕事案件を模索して組み合わせをし、仕事ニーズに自分の気持ちと働き方を最大限に寄せながら稼働率を上げるノウハウを築いていける仕事環境と協業できる環境が、初心者の開業ドライバーにとって大変有効なことだとシフタープロ軽貨物便では考えます。

  • シフタープロ専属ドライバー
  • 要普通免許(AT限定可)
  • 未経験者可
  • 年齢不問
  • 性別不問
  • 車両持込歓迎
  • 車両貸し出し制度あり
  • 業務請負契約

軽貨物配送の業務請負仕事は担当する配送現場への直行直帰が基本です。働くペース配分も仕事をやりながら固まってきます。

稼働する時間帯、稼働する曜日、仕事を覚えた現場の数、これらで各ドライバーさんの売上収入は異なりますが、一日あたりの日当収入は8,000円から30,000円前後が一般的な目安です。

深夜型や早朝型の案件を組み合わせると25,000円から35,000円前後が日当の換算イメージです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました