運送業

運送業

軽貨物ドライバーをダメにする付き合い、個人事業を成長させる付き合い。

軽貨物業界ではセンスの無い人脈を持ってしまった段階でその軽貨物ドライバーは業者としての魅力はゼロ化、個人事業の発展はおしまい。代わり映えもない、ぱっとしない者同士で群れる日常に突入し、営業弱者の立ち位置では蟻地獄となる。 業界の ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

軽貨物配送の仕事を面白く考える逆転戦略について。

軽貨物ドライバーの教育、軽貨物ドライバー業者の教育、業務委託で働く軽貨物ドライバーはこれらを一緒くたで考えてはならない。 教育のできる法人の軽貨物運送会社などない。 学生の頃のような知識の詰め込み型での学習だと面白くもなく ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

収益を高める業務請負の軽貨物ドライバーはストレス対策をどう考えるべきか。

業務請負の軽貨物ドライバーはストレスを抱えるのが仕事とも言えます。車の免許があれば誰でもできるなどとピンハネ系の軽貨物配送会社が大ホラでドライバー募集で求人をしていますが、新人ドライバーさんは個人事業主が業務請負で働くリスクを ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

業務委託の軽貨物ドライバーは不確定要素を織り込んで働く必要がある。

軽貨物ドライバーの個人事業主が健康経営に辿り着くには配送業務と附帯業務の緻密なスキルアップ計画が必要となり、その目標を達成するには稼ぎの不確定要素を計画に織り込む必要もある。 個人事業主の軽貨物ドライバーは御用聞きになってはなら ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

勢い任せの仕事が日常茶飯事と言える軽貨物ドライバーは違和感を言語化しておくべき。

軽貨物ドライバーは決して止まることがない物流の世界で働いている以上、ドライバー業者として見逃してしまいそうな心の違和感を感じた際は、なぜそう感じたのかを考え、その違和感を言語化するべき。 自己理解なくして新しい行動に移ろうとする ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

看板力のない零細企業の軽配送会社や個人事業主の軽貨物ドライバー業者が身に着けるべき営業突破力とは。

会社の看板で営業をするのではなく、個人営業という本物の営業力を身に着けた軽貨物運送業ドライバーの持続性と優位性を考える。 個性の確保。個人事業主の軽貨物ドライバーは自分の良さを見つけてもらえる取引先や案件で請け負いの仕事をするべ ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

軽貨物運送で無礼は許さない。礼儀ひとつ侮るなかれ、成功体験を積み重ね、新たな配送ニーズの受注に挑む。

私服みたいなボロ着の服装や汚い運動靴で軽貨物配送の仕事をしている無礼な業務委託の軽貨物配送ドライバー配達員を街中で見かけると虫唾が走る。 人の振り見て我が振り直せ。 千葉県で軽貨物配送事業の展開を一つ一つ準備する中、街中で ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

軽貨物ドライバー冥利に尽きる仕事に感謝し、個人事業主だからこそ悔いの残らない仕事っぷりで新しい実績を積み重ねて勝算を握る。

仕事に感謝しながら仕事冥利に尽きると感じる軽貨物配送の案件は刹那でも幸せなこと。1人の配送ドライバー業者として、誰に褒められることでもなく、どれだけ頑張っても運賃が同じであろうと、賢明に仕事ができているならば配送ドライバー業者とし ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

ムダに反応せず、心をクリアに保ち、不平不満など微塵もなく仕事に挑むプロ軽貨物運送ドライバーの上手な稼ぎ方をブログで語る。

想像より納品時間がキツかったり、思ったより配送件数が多かったり、思ったより面倒なエリアの配送だったり、思ったより距離を走ったり、思ったより荷量があったり、そんなことは百も承知なのが軽貨物配送の仕事。 軽貨物配送シフタープロの配送 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

軽貨物運送業を開業する前にドライバーが学んでおくべき小口物流の実態をブログで語る。

軽貨物運送業を始める上で知っておかなければならない商習慣。メーカーから代理店、代理店から販売店、販売店から小売店、小売店からエンドユーザー、といったBtoBの商取引、そしてメーカーからエンドユーザーといったBtoCの商取引。スタイ ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

営業力が乏しい個人事業主の軽配送ドライバーが断行すべきは底辺への競争である。

経営の二大原価は人件費と原材料費。単独で事業運営する個人事業主軽貨物ドライバーだからこそ、底辺への競争、すなわち、価格競争に打ち勝つことは可能。 価格競争。私は若い頃から仕事では好きなテーマです。やるからにはやる。仕事や事業で価 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

種類の違う配送案件に毎月挑めば、1年間で12種の配送ノウハウを身につけることができる。

個人事業主の自営業ドライバーは自分で仕事を取ってこなくてはならないが、自分がやった仕事はそのまま自分の果敢なる実績となる。 今月も新たに新しい荷主企業様の配送案件を定期稼働開始させていただくこととなり、自らがハンドルを握って案件 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

軽貨物運送業の事業展開は定めた地区と地元で密着し、堅実に絶妙に、ニュートラルに戻せる立ち位置を守りながら仕事邁進していくバランスが究極の営業課題となる。

ヒト、モノ、カネ、を潤沢に動かせない中小零細の軽貨物運送会社の管理者や業務委託の個人事業主軽貨物ドライバーは、要領の悪いワンオペに陥ると休みもなく仕事をすることになる。 個人経営の軽貨物配送ドライバーは現場で荷主様の業務を「なあ ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

千葉県で軽貨物配送ドライバーはプロとして配送仕事を極めていかなければ、やる気のブレが発生して駄目なドライバーと化す。

千葉県内の軽貨物配送ドライバーでECサイトの宅配などを二次請けや三次請けの軽配送会社に配属して仕事をしているような鴨葱状態の個人事業主ドライバーは「自分の強み」を伸ばすことは以後も非常に難しい。 軽貨物の仕事に関わらず「自分の強 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

物流センターで荷待ちする軽貨物ドライバーの効率と物流施設の庫内で頑張るフォークマンとピッキング作業員による能率をブログで語る。

2019年4月に労働基準法が改正され、大企業では年間で720時間を上限とする時間外労働の規制がスタートされましたが、中小企業は1年間の猶予期間を経て、2020年4月から時間外労働の上限規制が開始となり、中小企業の物流関係会社でも残 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

千葉県の配送で消費者ニーズを知り、選ばれるための戦略を考えた軽貨物ドライバーになる意味をブログで語る。

千葉県内の荷主様から選ばれるための戦略を個人事業主の軽貨物ドライバーはどう考えるべきか予習と復習をしてみる。 私は数十年間、メーカー荷主の立場で仕事をしていた経験があり、一般的な荷主様が配送ドライバーに求めているテーマが少しは分 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

仕事への感謝を忘れて不平不満を語るレベルの軽貨物ドライバーと臨機応変さと順応力が乏しい個人事業主の軽貨物ドライバーは稼げる筈がない。

業務委託で仕事する軽貨物ドライバーの営業能力がかなり乏しい現実を千葉県の軽貨物配送専門店シフタープロが考える。 営業の仕方すらが分からないような個人事業主の軽貨物ドライバーが四六時中、軽貨物の掲示板、SNSやツイッター、配車アプ ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

絶対にやってはいけない軽貨物ドライバーの稼ぎ方テクニック。

軽貨物の開業ドライバーのように効率良く時間のある限り働き尽くすことで他人よりお金を多く稼ぐことができる職種での個人事業主の成功者には、真似しにくい絶妙なノウハウがあり、真似してやってはいけないこともある。 私が千葉県のシフタープ ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

仕事案件を目先のお金で選んでいるような軽貨物の個人事業主ドライバーは成功しない理由をブログで語る。

個人事業主すなわち業務請負の軽貨物配送ドライバーには、営業開発ができる人、営業開発ができない人、がいます。営業とは「仕事ありませんか」と形振り構わず問いかけることではありません。 ブログで軽貨物の仕事検証を備忘録として記事を ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

お金を稼ぐ軽貨物ドライバーが覚えるべき重要なことは配送のノウハウではない。

外注業者ドライバーという立場ではない荷主さん直の社員ドライバーさんに教わったとても大事なこと。 この軽貨物ブログは、日本国内での配送ドライバーという職を大分類とし、その中での小分類である軽貨物車を使った配送ドライバーの仕事をテー ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
配送の問い合わせ
error:Content is protected !!