独立開業

独立開業

誰がやっても同じ仕事はしない軽貨物ドライバーの高度な意識。

軽貨物ドライバーは疲れるのが仕事とも言えます。荷主様に代わって荷物を集配することで配送料金を稼がせていただく訳ですからドライバーファーストを語るレベルにまで落ちぶれると仕事は長続きしません。 軽貨物ドライバー業者に求められている ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

千葉県で冷蔵配送や幌車配送の仕事を軽貨物車で請負する際に意識することとは。

自立営業型で生き抜く軽貨物ドライバー業者は結果につながらない配送案件に時間を費やしてはいけない。 愚の骨頂。 営業マンが可能性のない見込み顧客に延々と通いつめるのは愚の骨頂であることと同様で、独立系で自営する個人事業主の軽 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

聞きたがりドライバーや周囲に悪影響を撒き散らす業務委託で働く軽貨物ドライバーの問題点。

荷主企業の期待に応えているか、常に軽貨物ドライバー業者として能力向上に努めているか。 物流の関係者や大型トラックの運送関係者や軽配送の関係者と時々会話をしていると悪影響のあるドライバーの話をたまに聞きます。 軽貨物ドライバ ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

軽貨物ドライバーの仕事がきついのは最初の三ヶ月である。

業務請負の軽貨物ドライバー業者は荷主企業を繁盛させてなんぼである。大袈裟なことでもなく、それくらいの意気込みがあってバランスである。 多忙は口に出さないのがルール。 千葉県で軽配送の事業を検証していると嬉しい気分になること ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

思考停止型でリスクを言い訳にする軽貨物ドライバー同士が群れて認め合っている姿は非常にダサい。

自立した軽貨物配送の個人事業主ドライバーとしてマニュアル本に従うような仕事術ではなく、自分自身で実績を作りながら人材育成をする軽貨物ドライバーの試行錯誤によるノウハウ蓄積こそが自営の持続的成長につながる。 利他行為。自らの利益を ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

プロの極みが貧乏暇なしでは駄目。軽貨物ドライバー業者のスモールビジネスは出るものを抑えて入るものを増やす姿勢が鉄則。

軽貨物ドライバー業者として継続的な発展と成長を考えた行動をするならば、零細企業の軽配送会社も個人事業主ドライバー業者も、出るものを抑えて入るものを増やすという基本を守るしか無い。 過剰なものは無駄。過剰になると無駄が増える。無駄 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

失敗する考えの個人事業主軽貨物ドライバーによる法人成り。法人化そのものが不満足な結果に終わる理由。

個人事業主の軽貨物ドライバーによる法人成りの失敗は、そもそも、仕事能力しかなく、経営能力のない人間が個人事業の延長線上で経営を試みるだけでは事業展開に大きな期待ができないからである。 個人事業主から法人成りをして法人格で軽配送事 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

個人経営の軽貨物ドライバーで成功するためのポイントは、信用ではなく、取引関係者との信頼関係の樹立である。

法人格の軽貨物運送会社は営業力の乏しい個人事業主ドライバーを従順に言いなりにし、その場凌ぎで働かせて労働運賃からピンハネするだけで肝心な営業力の築き上げ方や営業ノウハウは、教育をしない、教育はできない。 どうせやるならしっかりと ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

軽貨物配送の仕事を事業化させる際に必要とするべきドライバー人材のタイプと組織の理想をブログで語る。

軽配送の職種のような少数精鋭だからこそ成功できる業態の事業組織では、協調型、歯車型、自主行動型、牽引型、4つの人材タイプの必要性をリーダーが理解し、育成させたい軽貨物ドライバーには仕事機会を積極的に与えることが事業成長に直結する。 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

論理的な問題となる業務請負軽貨物ドライバー業者による中間業者の鞍替えや中抜き行為の御法度。知らなかった、分からなかった、では済まされない。

御法度である中間業者の抜き行為と中間業者の鞍替え行為。バイトや社員ではない業務委託契約で働く軽貨物ドライバー業者が、稼働実績のある取引ルートの飛ばしや中間業者の鞍替えをし、従来の取引先が関与する案件に入り込むと「悪質な行為をするド ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

軽貨物配送ドライバーになれる資格は前職で学んだ対応力をアピールできることが最低条件である。

頑張り次第で稼げる?未経験でも安心?ノルマ無し?大型の重量荷物無し?。軽貨物配送会社がドライバー人材募集をする際、社員雇用ではない業務請負の募集であるならば、職を探す人たちに伝えるべき大事なことはそういうことではない。 開業し、 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

千葉県で軽貨物車の冷蔵車や冷凍車や軽トラックや軽バンの修理と整備メンテナンスを考える。

千葉県でも軽貨物車の冷蔵車や冷凍車、軽バンや軽トラックに乗っている業務請負の軽貨物ドライバーの大半がきちんと車の整備メンテナンスができていないと思われる。 軽貨物配送の仕事をしていると、正直なところ、車の整備メンテナンスをする時 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

軽貨物配送は仕事案件を探すのではなく、荷主様がどういった納品をして欲しいと思っているのかを直感しなければならない。

荷主企業様が抱えている配送課題に耳を傾けて、ドライバーはリスクやできない理由を探すのではなく、荷主企業様が必要とする配送機能と課題解決を荷主企業様と一緒に考えていける業務請負の軽貨物ドライバーは営業的に強い。 街の便利な小さな運 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

業務委託の軽貨物ドライバーが時間をかけて築いていかなくてはならないこと。

業務請負での軽貨物配送の仕事は裏メニュー的なノウハウを実直に覚えれば要領よく稼げるようになりますが、個人事業を健康経営で展開するには時間をかけて築いていかなければならないことがある。 仕事とは違い、事業の運営は山あり谷ありも当然 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

軽貨物ドライバーで一流の人は存在するのか、軽貨物ドライバーには二流や三流の人しかいないのか。

軽貨物ドライバーも社会人として背筋をピッと伸ばして歩く姿勢が大切だ。背筋を伸ばして胸を張って姿勢よく歩き、姿勢よく立つ姿を維持して仕事する心構えがすべての成果で基本となる。 もう、20年ほど昔か、軽配送の仕事上ではないが、5大商 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

こんなのいかがでしょう、そうやって営業で動く個人事業主軽貨物ドライバーのハートにあるのはブレない商人魂である。

サラリーマンではない個人事業主の軽貨物運送ドライバー。軽配送で起業するなら心を込めながら効率的な配送業務をする、もしくは、軽貨物ドライバーの1人として自分なりに工夫をしながら熱心に配送業務を進めていくことも大事。 慈善事業やボラ ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

荷主様から依頼を受けた軽貨物配送仕事の実績で自身の信用を保証していくことが、業務請負ドライバーに課せられる宿命である。

業務請負の軽貨物ドライバーの世界でも、そのビジネスの頂点にいる人がもっとも稼げる仕組みになっているという現実を個人事業主の軽貨物ドライバーは意識して焦らずに働くべき。 正直な感想、千葉県では軽貨物運送会社の経営者や個人事業主の軽 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

個人事業主の軽貨物配送ドライバーが最高の働き方を見つけるために挑戦するべきことをブログで語る。

荷主様の営業状況を直感でき、荷主様の顧客である納品先の営業状況も理解でき、実直に安定稼働できる業務請負の軽貨物ドライバーであれば安定的に稼げる。 業務請負の軽貨物ドライバー能力は荷主様と納品先からの信用と信頼でほぼ決まります。 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

価格競争はいつの時代も常套手段、ドライバーの賃金低下をビジネスチャンスに発展させる千葉の軽貨物配送ドライバーの隠れざるノウハウをブログで語る。

送料無料という過剰サービスの安請け合いをした通販会社に同調して「安くて速い」という安直な過剰サービスを請け負った物流会社の罪と競争原理。 物流業界では深刻な人材不足とトラックドライバーの高齢化という問題を抱えていると聞きますが、 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

千葉県内でも物売りの営業と役務サービスの営業の違いを理解しない軽貨物ドライバーの個人事業主は力量不足である。

物を売る営業。役務を売る営業。千葉県内における軽貨物配送の仕事でも、営業は物販であれ役務サービスであれ、顧客を想い、志や方針を持って仕事に挑み、稼ぎ、他人話ではなく自分自身の経験での失敗と成功が実績と稼ぎの上積みとなる。 営業成 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
配送の問い合わせ
error:Content is protected !!