個人事業主

個人事業主

軽貨物ドライバーの業務請負は理想の仕事である必要はない。

個人事業での軽貨物配送を、面白く、楽しく、満足感のあるラッキーな仕事に変化させていくのも軽貨物ドライバー個人の実力。金額の大小で一喜一憂せず、道のりのある配送案件を請負していかなければ暇が作れない貧乏暇なしドライバーのままとなる。 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

委託で働く本業の軽貨物ドライバーが大手ネット通販の宅配便や弁当の出前みたいな仕事は嫌がってやらない理由。

業務請負で軽貨物ドライバーの仕事をしている人の中には宅配便の仕事は絶対やりたくないと語る人がポツポツといます。荷物を一個運んで幾らといった人参をぶら下げられて頑張って頑張っても働いた運賃を配属会社や中間業者にピンハネされ続ける仕組 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

余裕率の時間が少ない軽貨物ドライバー業者は一流にはなれない。

個人事業主で働く軽貨物ドライバーの1日あたりの平均稼働時間は8時間から12時間。働いた分だけ稼げるだとか間抜けなことを言う利用運送のピンハネ軽貨物配送会社に煽られ、余裕率の時間を自己認識せずに勢い任せで仕事をし続けていても個人事業 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

委託の軽貨物ドライバーは信頼感の醸成に注力した働き方をしなければ手取り収入は増えない。

色々な荷主様や関係業者様と仕事でお付き合いさせていただく中で、私も配送ドライバーとして出入りをさせて頂いている都内の配送案件で、私服のボロ着みたいな小汚い格好をした他社の軽貨物ドライバーさんが集荷先で軽貨物車の冷蔵車両に荷物をゴソ ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

個人事業主の軽貨物ドライバーは、おいしいドライバーではなく、賢いドライバーになれ。

突然のクビ宣告を受ける業務請負で働く軽貨物ドライバーの多くが慣れた配送現場での居心地の良さに甘えてしまい、仕事があることの感謝にも麻痺し、個人事業主として自営して戦う意識が薄れて覚悟のない働き方をしてしまっている。 努力は口にす ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

焦りと不安を抱えた軽貨物ドライバー業者に染み付いている歪んだ承認欲求とドライバー求人をネットで掲載するピンハネ業者。

軽貨物版のドヤ街とも言えるネット掲示板でドライバー求人を掲載するピンハネ軽配送業者やSNSで見知らぬ人に平気で配送仕事を紹介するピンハネ軽配送業者は、その大半が最初から自分で運送する気のない案件を無在庫販売するかのように右から左へ ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

努力の継続だけでなく、忘れるチカラを身に付けてメンタルを鍛えることも個人事業主の軽貨物ドライバーにとっては大事なこと。

本職の個人事業主軽貨物ドライバーは、もっと、ビジネスセンスに磨きをかけられるはず。法人であろうと個人であろうと1日は24時間。個人事業だからこそ営業の仕組み化と配送業務の仕組み化を考えながら参加し合い、1日24時間の中で実稼働時間 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

軽貨物運送業ドライバーが売上を増やすための個人事業から、資金を増やすための個人事業へシフトアップするための働き方。

都合よく利用され、これでは稼げない、と軽貨物運送業の業務請負で感じるようでは、価値の低い軽貨物ドライバー業者と見做される、見做されている、だけである。 本意ではない憶測をどう考えるか。 軽貨物運送業の仕事でモチベーションの ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

自分自身では営業ができない業務請負の軽貨物ドライバーが起業して成功する為に必要なこと。

個人事業主の業務委託軽貨物ドライバーの大半が営業行動が不得意です。そのためターゲット顧客を明確にできず、労働することでお金はそこそこ稼げたとしても、月日年月の時間は無駄に浪費している。 業務委託軽貨物ドライバーの仕事環境は孤独と ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

独立系の軽貨物ドライバーが強みを最大限に発揮するために自営する不死身力をブログで語る。

独立系の軽貨物ドライバーさんの中でも上手に稼いでいる人と苦戦している人がいます。苦戦している人の原因はまさにそのドライバーさんの人間性である。 安定した収入をとるか、リスクをとって高収入を得るか。 経験者ドライバーに人気が ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

個人の軽貨物運送業ドライバーが配属して付き合ってはいけない法人の軽貨物配送会社とは。

フリーランス軽貨物ドライバーのように一生下請けの仕事人生みたいな感じで働いて、ああでもない、こうでもない、と一喜一憂している個人事業主が軽貨物運送業界に多いのは何故なのか。 いきなりですが、他人がやっていることをしても自分が他人 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

仕事人生を思う存分に楽しんで生活する個人事業主軽貨物ドライバーに必須となるのは、結局のところ、高い営業スキル。

軽貨物配送というニッチの業界でも営業力の高いビジネスパーソンには様々な共通点が存在し、営業リスクやコストに対するリターンについても事業展開させる内容によって手法は大きく異なる。 個人事業主の軽貨物ドライバーがはっきりと目に見える ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

軽貨物配送ニーズのある荷主企業様の置かれた状況や制約条件を知ろうとする姿勢がない業務委託ドライバーは淘汰される。

この配送ドライバーは信頼できる、この配送ドライバーと付き合うとメリットがある。軽貨物配送の業務請負で仕事受注の決め手となるのは企業看板ではなく完全に「自分ブランド」である。 仕事柄、東京都や神奈川県や埼玉県や千葉県で朝昼晩で異な ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

自分を磨くことを決意した軽貨物ドライバーでなければならない理由をブログで語る。

個人事業主の軽貨物ドライバーは自分を磨け。類は友を呼ぶ。周囲のドライバーさんの中で共通点やお互いシェアできるものがあるならば、それはやがて宝となる。 私自身、常に生活と日常を大切にしながら自分の歩幅で仕事人生を歩んでいくことを理 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

私が軽貨物配送の仕事で理想とする少数精鋭で学習する事業組織の実力をブログで語る。

軽貨物配送会社の実態は、ドライバーの質ではなくドライバー人材の多さで売り上げが大きく変わる業態である。シフタープロはそうではなく、少ないドライバー人数でも売り上げ収入を維持向上できるプロフェッショナルに動けるマルチ稼働体制の構築を ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

凡人の軽貨物ドライバーと偉人の軽貨物ドライバーの違いは卓越されたモチベーションの維持方法をブログで語る。

荷主企業様に課題がなければ軽貨物配送のニーズなどない。配送の課題は倉庫や配車など現場ごとに原因があり、放置せず、手を付けられないほど課題が慢性化する前に一つ一つの課題に対策をし、問題点を潰していける率先者ドライバーがいなければなら ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

マルチタスクが苦手で自分業務優先の軽貨物ドライバーには信用も成長もない。

法人経営や事業運営の経験者なら当たり前のマルチタスク能力。業務請負の軽貨物ドライバーで同時に複数の連絡や指図や命令に対処できないマルチタスクが苦手な人間は、荷主様や取引先や周囲から業務上の信用度は致命的である。 業務委託の軽貨物 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

自分が業務請負できる配送仕事の標準化を見直すことができずに仕事を待っているような軽貨物ドライバーに営業利益の倍増も稼ぎの維持もあり得ない。

千葉県で軽貨物チャーター便の依頼を受けながら荷主様や取引先からの要望を今以上に応えて結果を出すために、シフタープロ便で私が理想とするべき協業いただきたい軽貨物配送会社、協業いただきたい軽貨物ドライバーの質を考えた稼働体制を整える。 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

加盟金が必要ない軽貨物運送会社でも毎月15や20パーセントも多額な仲介手数料をピンハネされる軽貨物運送会社に配属する業務請負ドライバーには過酷な労働が続く。

営業のノウハウを持たない個人事業主の軽貨物ドライバーは軽貨物の運送会社から仕事を紹介してもらうことになりますが、軽貨物運送の会社によって「加盟金」と「仲介手数料」の仕組みが異なるので、配属契約する際には騙されないよう注意すべきか。 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

個人事業主の軽貨物ドライバーが競争経済の中で軽配送の本質を見抜き、荷主様の業務に深く切り込む働きをする。

軽貨物ドライバーの現場負担を減らし、効率的に業務遂行ができるようにするため、軽貨物業界は何を改革するべきか。 私はECサイトの宅配仕事は経験者ドライバーによる評判が何故かかなり悪いことや、大手通販サイトに関わる宅配業務1日の疲れ ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
配送の問い合わせ
error:Content is protected !!